2016年6月25日に第100回日本陸上競技選手権大会の男子100m決勝が行われました。

 

この記事では男子100m決勝の結果速報と感想、リオオリンピック代表選手の情報についてまとめています。

 

注目の桐生祥秀選手の順位と記録はどうだったんでしょうか?

 

スポンサーリンク

日本選手権陸上2016男子100m結果速報

派遣設定記録:10秒01

参加標準記録:10秒16

順位 選手名 所属 タイム
1 ケンブリッジ 飛鳥 ドーム 10.16
2 山縣 亮太 SEIKO 10.17
3 桐生 祥秀 東洋大 10.31
4 大瀨戸 一馬 法政大 10.41
5 長田 拓也 法政大 10.45
6 馬場 友也 LALL AC 10.48
7 高橋 周治 愛知医科大 10.49
8 九鬼 巧 NTN 10.53

スポンサーリンク

日本選手権陸上2016男子100mの感想

桐生祥秀選手、山縣亮太選手、ケンブリッジ飛鳥選手の3強の争いと言われていましたが、その通りの結果となりました。

 

唯一派遣設定記録を突破していた桐生祥秀選手は10秒31で3位でした。トップとタイム差のある負けでした。スタートから差がありましたよね。リオオリンピックでは好走して欲しいです。

 

※追記

桐生選手は序盤で右足がけいれんしていたそうです。確かに何かおかしかったですよね。大したことはないようなので、リオオリンピックでは満足ができるような走りをしてほしいです。

リオオリンピック代表は誰?

ケンブリッジ飛鳥選手は「参加標準記録を満たした、日本選手権優勝者」という内定条件を満たしました。

 

桐生祥秀選手は「派遣設定記録を満たし、日本選手権8位以内の成績を収めた最上位の競技者」という内定条件を満たしました。

 

山縣亮太選手は内定条件を満たすことはできませんでした。しかし、参加標準記録を突破していて、日本選手権で2位なので、代表にはほぼ確実に選ばれると思います。

 

日本代表選手は6月27日に選考委員会で選考し、理事会において決定します。

 

※追記

ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀、山縣亮太の3選手に決まりました。

陸上リオオリンピック日本代表選手一覧と感想!金丸選出の理由は?

 

リオの結果

リオオリンピック男子100m結果速報順位一覧

 

スポンサーリンク

 

関連記事

日本選手権陸上2016男子200m結果速報と感想!リオ五輪代表は誰?

日本選手権陸上2016女子100m結果速報と感想!福島千里の順位は?

日本選手権陸上2016女子200m結果速報と感想!福島千里の順位は?