2020日本選手権女子10000m結果

2020年12月4日に第104回日本陸上競技選手権大会の女子10000mが行われました。

今回の日本選手権は東京オリンピックの日本代表選手選考競技会になっていました。

この記事では結果と感想をまとめています。

 

2020日本選手権女子10000m結果

日本記録:30:48.89

東京オリンピック参加標準記録:31:25.00

 

優勝 30:20.44 新谷仁美(積水化学)※日本記録

2位 31:11.56 一山麻緒(ワコール)

3位 31:30.19 佐藤早也伽(積水化学)

4位 31:31.52 鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)

5位 31:34.39 矢田みくに(デンソー)

6位 31:36.04 萩原歩美(豊田自動織機)

7位 31:36.19 筒井咲帆(ヤマダホールディングス)

8位 31:37.71 安藤友香(ワコール)

9位 31:39.86 加世田梨花(名城大学)

10位 31:46.84 矢野栞理(デンソー)

11位 32:09.91 西田美咲(エディオン)

12位 32:10.29 福良郁美(大塚製薬)

13位 32:10.56 大西ひかり(JP日本郵政グループ)

14位 32:10.69 小笠原朱里(デンソー)

15位 32:11.66 鈴木優花(大東文化大学)

16位 32:14.85 加藤岬(九電工)

17位 32:44.99 森田香織(パナソニック)

18位 33:06.98 山口遥(AC・KITA)

19位 33:24.84 竹地志帆(ヤマダホールディングス)

20位 34:40.42 三宅紗蘭(天満屋)

途中棄権 関谷夏希(大東文化大学)

ラップタイム

1000m:3:02

2000m:6:08

3000m:9:05

4000m:12:05

5000m:15:07

6000m:18:10

7000m:21:12

8000m:24:16

9000m:27:20

 

 

31分40秒切りが9名で鍋島莉奈選手以外は自己ベストでした。

前回の優勝タイムが31分44秒なので、大幅にレベルが上っています。

 

優勝した新谷仁美選手は大幅に日本記録更新。

世界歴代だと22位でした。

2000mからはずっと先頭を走っていました。

日本代表選手に内定しています。

 

2000~3000mは2分57秒という速いペースで走っています。

これは一気に後ろを離したいという意図だったと思います。

たった1000mで全員離れてしまいました。

 

後半はペースが落ちるかと思いましたが、ほとんど落ちませんでした。

予想タイムより10秒くらい速かったです。

速い選手と走れば、さらにすごいタイムが出そうです。

 

一山麻緒選手は東京オリンピックの参加標準記録を突破しました。

日本歴代6位の好記録でした。

1000mだけでしたが、1人だけ新谷仁美選手に付いていきました。

後半もペースが落ちずに良い内容でした。

 

佐藤早也伽選手は最初の2000mを先頭で走りました。

序盤で良い流れを作り、新谷仁美選手の日本記録をアシストしました。

2000mからは3位集団に入り、ラスト勝負で3位争いに勝っています。

 

鍋島莉奈選手は新谷仁美選手に全く付いていかなかったのは意外でした。

得意のラストスパートも佐藤早也伽選手に負けてしまいました。

タイムは悪くないんですが、4位は予想外でした。