2019年6月30日に第103回日本陸上競技選手権大会の女子5000mが行われました。

この記事では女子5000m決勝の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

日本選手権2019女子5000m結果速報

1位 15:22.53 木村友香(資生堂)※ドーハ世界陸上内定

2位 15:23.46 鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)

3位 15:26.58 廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)

4位 15:29.00 田中希実(豊田織機TC)

5位 15:30.41 佐藤早也伽(積水化学)

6位 15:38.20 渡邊菜々美(パナソニック)

7位 15:44.56 森田香織(パナソニック)

8位 15:45.54 堀優花(パナソニック)

9位 15:57.51 矢野栞理(キヤノンAC九州)

10位 16:00.93 長谷川詩乃(ワコール)

11位 16:01.47 加世田梨花(名城大学)

12位 16:02.91 上原美幸(第一生命グループ)

13位 16:03.34 筒井咲帆(ヤマダ電機)

14位 16:07.07 荘司麻衣(デンソー)

15位 16:07.22 加藤岬(九電工)

16位 16:11.33 福田有以(豊田自動織機)

17位 16:12.01 山ノ内みなみ(京セラ)

18位 16:12.96 矢田みくに(デンソー)

19位 16:14.48 佐藤成葉(立命館大学)

20位 16:47.29 篠塚麻衣(ユニバーサルエンターテインメント)

21位 16:55.08 森林未来(デンソー)

 

オープン参加

15:21.48 バイレ・シンシア(神村学園高校)

15:21.80 カマウ・タビタ・ジェリ(三井住友海上)

15:34.24 モカヤ・マータ(キヤノンAC九州)

15:50.57 ゼイトナ・フーサン(デンソー)

 

欠場 新谷仁美(NTTC)

 

スポンサーリンク

 

レース展開

初めの1kmは上原美幸選手が3分10秒で引っ張る。

その後は外国人選手が前に出て、日本人選手がついていく展開がラスト一周まで続く。

ラスト一周になってから鍋島莉奈選手がスパートするが、木村友香選手が残り250m付近で追い抜いて、そのままトップでゴール。

 

感想

今回は木村友香選手と鍋島莉奈選手の優勝争いになると思いましたが、やっぱりこの2人が強かったです。

 

木村友香選手は最近絶好調で負け無し。

タイムも毎回好タイムを出しています。

ただ、今回はいつもと違って余裕のあるゴールではありませんでした。

ゴール手前で少し失速し、ゴール後は倒れ込んでしまいました。

木村選手はドーハ世界陸上の参加標準記録を突破して日本選手権優勝なので、日本代表内定です。

 

鍋島莉奈選手は連覇は出来ませんでしたが、10000mに続いて上位に入りました。

 

廣中璃梨佳選手は前回の9位から順位を上げました。

今回は赤と白の帽子をかぶっていました。

 

田中希実選手は1500mに続いての上位入賞です。

クロカンや駅伝でも確実に好走していて素晴らしいです。

 

スポンサーリンク