2017年6月23日に日本選手権陸上の10000mが行われました。

 

今年は気温が高く26℃くらいでした。

 

この記事では女子と男子の10000mの結果速報をまとめています。

 

スポンサーリンク

女子10000m

  タイム 選手名 所属
1 31:39.41 松田 瑞生 ダイハツ
2 31:41.65 鈴木 亜由子 JP日本郵政G
3 31:48.81 上原 美幸 第一生命グループ
4 31:55.48 一山 麻緒 ワコール
5 31:59.80 堀 優花 パナソニック
6 32:23.83 関根 花観 JP日本郵政G
7 32:35.33 井上 藍 ノーリツ
8 32:36.97 棟久 由貴 東京農業大
9 32:43.57 高島 由香 資生堂
10 32:44.23 宮田 佳菜代 ユタカ技研
11 32:44.85 細田 あい 日本体育大
12 33:11.01 石井 寿美 ヤマダ電機
13 33:11.76 谷本 観月 天満屋
14 33:30.74 石澤 ゆかり エディオン
15 33:34.56 岩出 玲亜 ドーム
16 33:34.58 中村 萌乃 ユニバーサル
17 33:37.50 竹地 志帆 ヤマダ電機
18 33:39.09 川上 わかば TOTO
19 33:55.76 西原 加純 ヤマダ電機
20 34:00.74 加藤 岬 九電工
21 34:17.06 宮崎 悠香 九電工
22 34:44.97 清水 美穂 ホクレン
23 35:27.92 菊池 理沙 日立製作所
  欠場 菊地 優子 ホクレン
  欠場 宇都宮 亜依 宮崎銀行

 

途中から鈴木亜由子が速いペースで引っ張ったんですが、最後まで松田瑞生選手に後ろに付かれて、ラスト100mで松田選手が前に出て優勝しました。

 

松田瑞生選手が自己ベストを20秒くらい更新しました。そして、ロンドン世界陸上の代表が内定しました。暑さ適性もかなりありそうなので、期待できそうです。

 

鈴木亜由子選手は残念でした。早めに引き離したかったんですが、松田選手が強かったです。ロンドン世界陸上の代表には選ばれると思います。

 

上原美幸選手はリオオリンピック以降、全然良い走りが出来ていなかったんですが、上手く仕上げてきたみたいですね。暑いのが好きなんでしょうか?上原選手もロンドン世界陸上の代表に選ばれると思います。

 

高島由香選手は調子を落としてしまいましたか。暑さに弱いわけではないと思います。毎回崩れずに上位に入ってくる選手なので、これだけ成績が悪いのは珍しいです。

 

前回2位だった関根花観選手は今回は6位に終わりました。1年前はすばらしい成長をしていたんですが、最近は良い走りができていませんね。

 

スポンサーリンク

男子10000m

  タイム 選手名 所属
1 28:35.47 大迫 傑 Nike ORPJT
2 28:37.34 上野 裕一郎 DeNA
3 28:39.00 市田 孝 旭化成
4 28:45.16 佐藤 悠基 日清食品グループ
5 28:45.28 横手 健 富士通
6 28:46.25 大石 港与 トヨタ自動車
7 28:47.96 鎧坂 哲哉 旭化成
8 28:49.96 浅岡 満憲 日立物流
9 28:50.60 大六野 秀畝 旭化成
10 28:54.91 服部 勇馬 トヨタ自動車
11 28:57.53 早川 翼 トヨタ自動車
12 28:58.02 猪浦 舜 八千代工業
13 29:01.50 小椋 裕介 ヤクルト
14 29:01.59 一色 恭志 GMO
15 29:03.63 設楽 悠太 Honda
16 29:06.23 青木 優 カネボウ
17 29:11.56 茂木 圭次郎 旭化成
18 29:24.04 村山 謙太 旭化成
19 29:29.72 鬼塚 翔太 東海大
20 29:36.05 神野 大地 コニカミノルタ
21 29:43.25 寺内 將人 愛知製鋼
22 30:13.33 佐藤 達也 警視庁
23 30:27.47 松本 稜 トヨタ自動車
24 30:41.34 星 創太 富士通

 

スローペースからラスト勝負になり、大迫傑選手の優勝となりました。村山紘太選手が欠場していたので、大迫選手にとっては勝ちやすいレースだったと思います。紘太選手はラストが強いですからね。出場していたら全然違う展開になっていたかもしれません。

 

大迫選手は優勝したんですが、参加標準記録を突破していないので、まだロンドン世界陸上への出場権利はありません。しかし、記録会で突破すれば代表になることができます。走るのは多分ホクレン・ディスタンスチャレンジだと思います。

 

2位の上野裕一郎選手はスローペースが良かったんだと思います。5000mが強い選手なので、上野選手の強さが活かせる展開でした。

 

3位の市田孝選手は安定して上位に入ってくる選手です。

 

鎧坂哲哉選手はGGNでは良かったんですが、今回は少し届きませんでした。

 

設楽悠太選手や村山謙太選手は成績が良くなかったです。

 

ただ1人大学生で参加していた鬼塚翔太選手は社会人相手に完敗でした。スローペースで鬼塚選手にとっては良い展開だったんですが、ラスト勝負になる前に遅れてしまいました。

 

ロンドン世界陸上の代表に関しては、1人だけ参加標準記録を突破している村山紘太選手がほぼ確定で、あとは大迫傑選手が突破するかどうかで決まります。

 

スポンサーリンク

 

5000mの結果はこちら