2018年6月22日に第102回日本陸上競技選手権大会の10000mが行われました。

この記事では日本選手権10000m女子と男子の結果速報と感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

日本選手権2018女子10000m結果速報

  タイム 選手名 所属
1 31:52.42 松田 瑞生 ダイハツ
2 31:57.82 鈴木 亜由子 JP日本郵政G
3 32:05.52 堀 優花 パナソニック
4 32:15.14 森田 香織 パナソニック
5 32:18.31 一山 麻緒 ワコール
6 32:18.59 高島 由香 資生堂
7 32:18.70 筒井 咲帆 ヤマダ電機
8 32:35.93 加藤 岬 九電工
9 32:43.65 岡本 春美 三井住友海上
10 32:48.07 棟久 由貴 東京農業大
11 33:09.27 井上 彩花 大塚製薬
12 33:20.43 上原 美幸 第一生命グループ
13 33:25.14 松田 杏奈 京セラ
14 33:27.23 関谷 夏希 大東文化大
15 33:30.39 池満 綾乃 鹿児島銀行
16 33:40.16 野添 佑莉 三井住友海上
17 33:40.52 松下 菜摘 天満屋
18 34:32.02 藤田 理恵 京セラ
19 34:32.78 関野 茜 埼玉陸協
  欠場 矢野 栞理 キヤノン
  欠場 西原 加純 ヤマダ電機

去年と同じく松田瑞生が終盤で逆転し、鈴木亜由子選手が2位となりました。

この二人は安定して強いですね。

 

堀優花選手と一山麻緒選手も去年に続いてのトップ5入りです。

前回3位だった上原美幸選手は12位でした。

 

2017年の日本選手権10000m結果記事

2017日本選手権陸上10000m結果速報

 

スポンサーリンク

日本選手権2018男子10000m結果速報

  タイム 選手名 所属
1 28:30.66 大六野 秀畝 旭化成
2 28:34.25 大西 一輝 カネボウ
3 28:34.61 市田 孝 旭化成
4 28:35.72 西山 和弥 東洋大
5 28:41.15 鎧坂 哲哉 旭化成
6 28:42.46 村山 謙太 旭化成
7 28:42.91 井上 大仁 MHPS
8 28:45.93 相澤 晃 東洋大
9 28:55.01 青木 優 カネボウ
10 28:58.30 平 和真 カネボウ
11 28:59.56 栃木 渡 日立物流
12 29:07.01 早川 翼 トヨタ自動車
13 29:10.46 河合 代二 トーエネック
14 29:13.24 浅岡 満憲 日立物流
15 29:57.05 中村 匠吾 富士通
16 30:19.50 牟田 祐樹 日立物流
  途中棄権 佐藤 悠基 日清食品グループ
  欠場 鈴木 洋平 愛三工業

大六野秀畝選手は今シーズン、兵庫リレーカーニバル・ゴールデンゲームズinのべおか・九州実業団陸上の10000mで全て日本人1位でゴールしていました。

日本選手権も勝ったことで、10000mでは圧倒的な実績となりました。

大六野選手は地味に好走していることが多い印象でしたが、強くなりましたね。

 

今回は設楽悠太選手と大迫傑選手は欠場していました。

設楽悠太選手はベルリンマラソン、大迫傑選手はシカゴマラソンに出場する予定です。

 

大西一輝選手はベテランですが、去年の八王子ロングディスタンスで自己ベストを更新して調子が良いですね。

 

西山和弥選手は自己ベスト更新です。

このメンバーでの4位はすばらしい成績です。

これは駅伝も楽しみになってきます。

 

スポンサーリンク

 

5000mはこちら

2018日本選手権陸上5000m結果速報(女子・男子)と感想