2018年6月24日に第102回日本陸上競技選手権大会の5000mが行われました。

この記事では日本選手権5000m女子と男子の結果速報と感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

日本選手権2018女子5000m結果速報

  タイム 選手名 所属
1 15:30.93 鍋島 莉奈 JP日本郵政G
2 15:31.65 田中 希実 ND 28AC
3 15:32.79 山ノ内 みなみ 京セラ
4 15:33.41 松崎 璃子 積水化学
5 15:36.33 上原 美幸 第一生命グループ
6 15:37.17 渡邊 菜々美 パナソニック
7 15:41.06 堀 優花 パナソニック
8 15:44.42 森田 香織 パナソニック
9 15:45.46 廣中 璃梨佳 長崎商高
10 15:47.83 一山 麻緒 ワコール
11 15:48.23 野田 沙織 肥後銀行
12 15:50.03 木村 友香 ユニバーサル
13 15:54.96 倉岡 奈々 デンソー
14 16:01.95 岡本 春美 三井住友海上
15 16:03.00 鷲見 梓沙 ユニバーサル
16 16:13.13 田邉 美咲 三井住友海上
17 16:13.72 宇都宮 恵理 JP日本郵政G
18 16:16.47 加藤 岬 九電工
19 16:35.92 内藤 早紀子 パナソニック
20 16:44.40 西脇 舞 天満屋
21 16:49.40 西原 加純 ヤマダ電機
22 16:56.69 矢田 みくに デンソー
23 17:20.34 森林 未来 デンソー
  途中棄権 緒方 美咲 松山大
  途中棄権 ゼイトナ フーサン デンソー
  欠場 鈴木 亜由子 JP日本郵政G

前回に続いて鍋島莉奈選手の優勝となりました。

常に前の方で走っていて、ラストも強かったです。

 

田中希実選手は1500mでは予選落ちでしたが、上手く修正して優勝までもう少しのところまでいきました。

 

山ノ内みなみ選手は今シーズン好記録が続いています。

 

2017年の日本選手権5000m結果記事

2017日本選手権陸上5000m結果速報

 

スポンサーリンク

日本選手権2018男子5000m結果速報

  タイム 選手名 所属
1 14:21.52 服部 弾馬 トーエネック
2 14:24.30 遠藤 日向 住友電工
3 14:24.86 文元 慧 カネボウ
4 14:25.08 田村 和希 住友電工
5 14:25.18 阿部 弘輝 明治大
6 14:25.58 中川 智春 トーエネック
7 14:26.58 柳 利幸 日立物流
8 14:27.16 中村 信一郎 九電工
9 14:29.16 藤本 拓 トヨタ自動車
10 14:34.21 市田 孝 旭化成
11 14:37.22 平 和真 カネボウ
12 14:37.79 村山 紘太 旭化成
13 14:38.25 鬼塚 翔太 東海大
14 14:38.96 松枝 博輝 富士通
15 14:42.08 岡本 雄大 JFEスチール
16 14:43.91 横手 健 富士通
17 14:43.99 鎧坂 哲哉 旭化成
18 14:45.13 岡本 直己 中国電力
19 14:46.30 茂木 圭次郎 旭化成
20 14:46.50 佐藤 佑輔 富士通
21 14:48.04 代田 修平 カネボウ
22 14:48.55 佐藤 悠基 日清食品グループ
23 14:51.22 市川 孝徳 日立物流
  途中棄権 牟田 祐樹 日立物流

前回とは全然違う結果になりました。

1km3分9秒という超スローペースで始まり、ラスト勝負になりました。

 

ニューイヤー駅伝1区と同じで、服部弾馬選手と遠藤日向選手の勝負になりましたが、今回は服部弾馬選手が勝ちました。

遠藤日向選手はラスト前で少し遅れてしまっていたので、ラストに強い服部弾馬選手に勝つのは大変でした。

 

明治大学の阿部弘輝選手は関東インカレに続いて好走しました。

6月30日に行われる全日本大学駅伝予選会でも、予選通過に貢献できるような走りができるかどうか注目です。

 

全日本大学駅伝予選会関東地区の予想記事

全日本大学駅伝予選会2018関東地区順位予想!選考方法と出場校は?

 

スポンサーリンク

 

10000mはこちら

2018日本選手権陸上10000m結果速報(女子・男子)と感想