2021年5月3日に第105回日本陸上競技選手権大会の男子10000mが行われました。

この記事では結果と感想について書いています。

 

2021日本選手権男子10000m結果

日本記録:27:18.75

東京オリンピック参加標準記録:27:28.00

B組

1位 28:12.62 名取燎太(コニカミノルタ)

2位 28:15.66 田村友佑(黒崎播磨)

3位 28:17.85 古賀淳紫(安川電機)

4位 28:23.57 藤曲寛人(トヨタ自動車九州)

5位 28:24.84 近藤幸太郎(青山学院大学)

6位 28:28.14 田口雅也(Honda)

7位 28:33.40 今井崇人(旭化成)

8位 28:53.57 千葉直輝(SGH)

9位 29:17.30 小町昌矢(日立物流)

10位 29:18.20 川村悠登(日立物流)

11位 29:21.26 竹内竜真(日立物流)

12位 29:28.44 改木悠真(トヨタ自動車九州)

 

名取燎太選手が素晴らしいラストスパートでB組のトップでした。

古賀淳紫選手は先頭を走る時間が長く、強い内容でした。

 

A組

 

優勝 27:33.38 伊藤達彦(Honda)東京オリンピック代表内定

2位 27:39.21 田澤廉(駒澤大学)※日本人学生歴代2位

3位 27:41.68 鈴木芽吹(駒澤大学)※日本人学生歴代3位

4位 27:54.45 市田孝(旭化成)

5位 28:01.32 茂木圭次郎(旭化成)

6位 28:01.80 丸山竜也(八千代工業)

7位 28:03.39 井上大仁(三菱重工)

8位 28:04.17 岡本雄大(サンベルクス)

9位 28:04.60 大池達也(トヨタ紡織)

10位 28:05.88 細谷恭平(黒崎播磨)

11位 28:07.90 栃木渡(日立物流)

12位 28:16.43 村山謙太(旭化成)

13位 28:22.50 野中優志(大阪ガス)

14位 28:33.43 牟田祐樹(日立物流)

15位 28:35.38 照井明人(SUBARU)

16位 28:35.82 今井篤弥(トヨタ自動車九州)

17位 28:37.05 荻久保寛也(ヤクルト)

18位 28:37.51 中村信一郎(九電工)

19位 28:41.16 河合代二(トーエネック)

20位 28:57.22 青木祐人(トヨタ自動車)

21位 29:01.53 天野誠也(自衛隊体育学校)

22位 29:02.27 福本真大(九電工)

23位 29:05.04 市村朋樹(東海大学)

24位 29:15.62 井川龍人(早稲田大学)

25位 29:17.44 池田耀平(カネボウ)

26位 29:28.86 菊地駿弥(中国電力)

27位 29:29.08 永戸聖(日立物流)

28位 29:34.55 鈴木祐希(カネボウ)

29位 29:35.06 小椋裕介(ヤクルト)

途中棄権 鎧坂哲哉(旭化成)

 

28分切りが4人だけだったのは寂しい結果です。

 

優勝した伊藤達彦選手はずっと余裕を持って良い位置を走っていました。

7000mで3人の勝負になったときに優勝しそうだなと思いました。

余裕度が全然違いました。

残り2周から一気にペースを上げて、圧倒的な強さでの優勝でした。

伊藤選手はすでに東京オリンピックの参加標準記録を突破していたので、東京オリンピックの代表に内定しました。

 

2位3位には駒澤大学の選手が入ってきました。

田澤廉選手は3位以内に入ってくるかもと思っていましたが、鈴木芽吹選手はここまで走るとは思いませんでした。

多くの27分台ランナーが28分オーバーで終わったことを考えると、かなりの実力になってきていると思います。

 

田村和希選手の欠場は残念でした。

代表内定の有力候補だったので楽しみにしてた選手でした。