この記事ではドーハ世界陸上2019男子50km競歩の結果をまとめています。

日本人は鈴木雄介選手、勝木隼人選手、野田明宏選手が出場しています。

 

スポンサーリンク

ドーハ世界陸上男子50km競歩結果

金メダル 4:04:20 鈴木雄介(富士通)

銀メダル 4:04:59 ジョアン・ビエイラ(ポルトガル)

銅メダル 4:05:02 エバン・ダンフィー(カナダ)

4位 4:05:36 牛文斌(中国)

5位 4:06:49 羅亜東(中国)

6位 4:07:46 B.ボイス(アイルランド)

7位 4:10:22 C.ドーマン(ドイツ)

8位 4:11:28 J.ガルシア(スペイン)

9位 4:12:28 M.ザカルニスツティ(ウクライナ)

10位 4:13:56 N.S.ミハイラ(ルーマニア)

11位 4:15:54 Q.リュー(ニュージーランド)

12位 4:17:04 A.イバネス(スウェーデン)

13位 4:20:25 R.アウグスティン(ポーランド)

14位 4:21:13 M.ビロドウ(カナダ)

15位 4:21:54 A.マスティアニカ(リトアニア)

16位 4:22:20 M.アントネッリ(イタリア)

17位 4:22:39 A.パパミハル(ギリシャ)

18位 4:24:16 H.ナバ(メキシコ)

19位 4:24:38 M.トゥル(スペイン)

20位 4:25:36 J.キンヌネン(フィンランド)

21位 4:28:18 A.ルンベニークス(ラトビア)

22位 4:30:17 A.ブジョゾフスキ(ポーランド)

23位 4:30:43 J.ヒルバート(ドイツ)

24位 4:41:39 M.マンデル(南アフリカ)

25位 4:42:18 V.リタニュク(ウクライナ)

26位 4:45:04 B.フェネクサン(ハンガリー)

27位 4:46:10 勝木隼人(自衛隊体育学校)

28位 4:50:08 R.シコラ(ポーランド)

 

途中棄権

野田明宏(自衛隊体育学校)

ヨアン・ディニズ(フランス)

D.ジウビン(ベラルーシ)

王欽(中国)

A.チョチョ(エクアドル)

C.ビラヌエバ(エクアドル)

J.ディアス(スペイン)

V.パルタネン(フィンランド)

N.ザイラー(ドイツ)

M.ヘレブラント(ハンガリー)

T.カポラソ(イタリア)

I.パルマ(メキシコ)

M.トス(スロバキア)

I.バンゼルク(ウクライナ)

 

失格

C.コービシェリー(イギリス)

D.キング(イギリス)

R.スモロンスキス(ラトビア)

H.ハウクネス(ノルウェー)

 

スポンサーリンク

 

鈴木雄介選手は世界陸上で競歩初の金メダリストとなりました。

序盤から飛び出して、最大で2位に3分以上の差をつけました。

終盤は脱水状態になりましたが、上手く貯金を使って優勝しました。

止まらないと給水できないような状態だったようです。

 

これで東京オリンピックの50km競歩の代表になりましたが、20kmの代表権も獲得して選択するという方針でいくみたいです。

20km競歩はまだ日本人が結果を出せてないので、20km競歩で金メダルを狙いにいくのも面白いと思います。

 

勝木隼人選手は途中で止まって、大幅にタイムロスをしてしまいました。

昼夜逆転の生活に上手く対応できなかったようです。

深夜スタートだったので、難しい調整だったと思います。

 

野田明宏選手は10kmすぎで途中棄権となりました。

 

銀メダル獲得のジョアン・ビエイラ選手は43歳で、世界陸上最年長メダリストになりました。

ラップタイムを見ると少しずつ上がっていて、理想のペースだと思います。

 

ロンドン世界陸上2017男子50km競歩結果

 

スポンサーリンク