この記事ではドーハ世界陸上2019女子10000mの結果をまとめています。

日本人選手は新谷仁美選手と山ノ内みなみ選手が出場しています。

 

スポンサーリンク

ドーハ世界陸上女子10000m結果

金メダル 30:17.62 シファン・ハッサン(オランダ)

銀メダル 30:21.23 レテセンベト・ギデイ(エチオピア)

銅メダル 30:25.20 アグネス・ジェベト・ティロップ(ケニア)

4位 30:35.75 ローズメリー・ワンジル・モニカ(ケニア・スターツ)

5位 30:35.82 ヘレン・オビリ(ケニア)

6位 30:44.23 S.テフェリ(エチオピア)

7位 31:05.40 S.クルミンス(オランダ)

8位 31:05.71 M.ホール(アメリカ)

9位 31:07.24 M.ハドル(アメリカ)

10位 31:12.56 E.シッソン(アメリカ)

11位 31:12.99 新谷仁美(NIKE TOKYO TC)

12位 31:13.21 C.ブスコンブ(ニュージーランド)

13位 31:18.89 E.パシュリー(オーストラリア)

14位 31:25.49 S.ディバー(オーストラリア)

15位 31:44.79 S.トウェル(イギリス)

16位 32:15:20 S.ケサン(ウガンダ)

17位 32:31.19 N.ウォダク(カナダ)

18位 32:41.93 R.チェベト(ウガンダ)

19位 32:53.46 山ノ内みなみ(京セラ)

20位 33:28.18 J.チェクウェル(ウガンダ)

途中棄権

N.グデタ(エチオピア)

A.レー(ドイツ)

 

スポンサーリンク

 

金メダル獲得のシファン・ハッサン選手はラスト1周が速かったです。

1500mも得意にしているのでスピードがありますね。

次は1500mか5000mへの出場を予定しています。

本人は1500m、コーチは5000mを希望しているようです。

 

レテセンベト・ギデイ選手はスプリント勝負だと分が悪いと見て早めに仕掛けましたが逃げ切れませんでした。

自己ベスト更新で良い走りだったと思います。

 

ローズメリー・ワンジル・モニカ選手はスターツ所属の選手です。

大幅に自己ベストを更新しています。

 

新谷仁美選手は先頭集団がペースを上げた時に付いていけませんでした。

しかし、積極的に前を見て走っていました。

最後までペースが落ちずにラスト1kmも3分3秒台で走っています。

入賞はできませんでしたが、良いタイムで走れていました。

 

山ノ内みなみ選手は3000m過ぎでペースが落ちて、4000mからは3分20秒ペースになっています。

調子が落ちていたようです。

 

ロンドン世界陸上2017女子10000m結果

 

スポンサーリンク