この記事ではドーハ世界陸上2019男子5000mの結果をまとめています。

日本人選手は誰も出場していません。

 

スポンサーリンク

ドーハ世界陸上男子5000m結果

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:5着+5

1組

1位 13:24.69Q S.バレガ(エチオピア)

2位 13:24.94Q J.クロップ(ケニア)

3位 13:25.00Q M.エドリス(エチオピア)

4位 13:25:20Q J.インゲブリクセン

5位 13:25.35Q M.アーメド(カナダ)

6位 13:25.70q B.バレウ(バーレーン)

7位 13:26.46 A.ブッチャート(イギリス)

8位 13:26.80 M.マクドナルド(オーストラリア)

9位 13:27.39 B.トゥルー(アメリカ)

10位 13:28.42 P.ティアーナン(オーストラリア)

11位 13:29.08 Y.クリッパ(イタリア)

12位 13:38.95 J.ワンダース(スイス)

13位 13:39.69 R.ヘンドリクス(ベルギー)

14位 13:42.94 O.チェリモ(ウガンダ)

15位 13:47.12 M.スコット(イギリス)

16位 13:49.20 R.リンガー(ドイツ)

17位 14:15.32 J.エイサ・モハメッド(ART)

18位 14:21.19 T.アル・アムリ(サウジアラビア)

19位 18:10.87 B.ダボ(ギニアビサウ)

失格

J.バスビー(アルバ)

2組

1位 13:20.18Q P.チェリモ(アメリカ)

2位 13:20.45Q T.H.ベケレ(エチオピア)

3位 13:20.52Q F.インゲブリクセン(ノルウェー)

4位 13:20.58Q S.マクスウェイン(オーストラリア)

5位 13:20.82Q N.キメリ(ケニア)

6位 13:20.99q I.キメリ(ベルギー)

7位 13:21.22q H.インゲブリクセン(ノルウェー)

8位 13:22.11q H.ミード(アメリカ)

9位 13:25.95q J.ナイト(カナダ)

10位 13:27.36 S.キッサ(ウガンダ)

11位 13:36.39 B.イブラヒム(ジブチ)

12位 13:36.92 B.コナー(イギリス)

13位 13:38.53 S.パーソンズ(ドイツ)

14位 13:42.89 A.ハディス(エチオピア)

15位 14:03.16 S.ブーカンタル(モロッコ)

16位 14:28.11 T.ガブリエソス(ART)

途中棄権

G.ギラルド(コロンビア)

V.マ(カンボジア)

S.エル・オトマニ(イタリア)

 

スポンサーリンク

決勝

金メダル 12:58.85 ムクタル・エドリス(エチオピア)

銀メダル 12:59.70 セレモン・バレガ(エチオピア)

銅メダル 13:01.11 モハメド・アーメド(カナダ)

4位 13:02.29 テラフヌ・ハイレ・ ベケレ(エチオピア)

5位 13:02.93 ヤコブ・インゲブリクセン(ノルウェー)

6位 13:03.08 ユルゲン・クロップ(ケニア)

7位 13:04.60 ポール・チェリモ(アメリカ)

8位 13:05.27 ニコラス・キメリ(ケニア)

9位 13:14.66 ビルハヌ・バレウ(バーレーン)

10位 13:26.63 ジャスティン・ナイト(カナダ)

11位 13:27.05 ハッサン・ミード(アメリカ)

12位 13:30.41 スチュワート・マクスウェイン(オーストラリア)

13位 13:36.25 ヘンリク・インゲブリクセン(ノルウェー)

14位 13:44.29 アイザック・キメリ(ベルギー)

途中棄権 フィリップ・インゲブリクセン(ノルウェー)

 

エドリス選手の2連覇でした。

前回もそうでしたが、最後の直線に入ってからが速いです。

最近の成績からバレガ選手とベケレ選手の争いと見られていましたが、エドリス選手はスパート前に落ち着いて後ろで力を溜めてたのが上手かったと思います。

ゴール後は尊敬しているモハメド・ファラー選手のモボットポーズをしていました。

 

バレガ選手は前評判通り強かったです。

まだ19歳なのでこれから強くなっていきそうです。

 

ヤコブ・インゲブリクセン選手は仕掛けが少し速かったと思います。

ヤコブ選手も19歳なので、もっと経験を積んでいけばエドリス選手のような上手いレースができて、金メダル獲得ができるかもしれません。

 

ロンドン世界陸上2017男子5000m結果

 

スポンサーリンク