2017年8月10日から男子5000mが行われました。

 

男子5000mの日本代表選手はいません。

 

この記事ではロンドン世界陸上男子5000mの結果速報を順位一覧ができるようにまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上男子5000m結果速報

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:5着+5

1組

  タイム   選手名 国名
1 13:30.07 Q Y.ケジェルチャ エチオピア
2 13:30.18 Q M.ファラー イギリス
3 13:30.22 Q M.エドリス エチオピア
4 13:30.27 Q J.ナイト カナダ
5 13:30.36 Q A.キフレ エリトリア
6 13:30.71   B.アブディ ベルギー
7 13:30.73   M.マクドナルド オーストラリア
8 13:30.78   S.ブーカンタル モロッコ
9 13:30.92   J.キプリモ ウガンダ
10 13:31.09   E.ジェンキンス アメリカ
11 13:31.58   S.マッケンティー オーストラリア
12 13:32.15   H.イブラヒモフ アゼルバイジャン
13 13:32.31   E.G.ギサモダ タンザニア
14 13:32.40   A.K.ロップ バーレーン
15 13:35.69   L.ゴビンダン インド
16 13:47.90   I.フィファ スペイン
17 14:32.67   K.O.アブドゥラヒ  
18 14:34.27   M.D.モハメド ソマリア
19 14:52.98   D.キプランガト ケニア
20 14:53.19   D.クラング 南スーダン
21 16:16.29   M.サンベ モーリタニア

2組

  タイム   選手名 国名
1 13:21.50 Q S.バレガ エチオピア
2 13:21.91 Q B.バレウ バーレーン
3 13:22.45 Q C.ルット ケニア
4 13:22.52 Q P.ティアーナン オーストラリア
5 13:22.79 Q R.ヒル アメリカ
6 13:22.97 q M.アハメド カナダ
7 13:24.78 q A.ブッチャート イギリス
8 13:24.88 q P.K.チェリモ アメリカ
9 13:26.67 q K.キャンベル ジャマイカ
10 13:27.70 q A.ハブテ エリトリア
11 13:28.64   S.ブシキ ベルギー
12 13:28.98   D.A.ディレ ジブチ
13 13:29.28   Z.アウード バーレーン
14 13:31.71   S.N.モエン ノルウェー
15 13:32.86   S.キッサ ウガンダ
16 13:35.68   J.K.メンジョ ケニア
17 13:36.87   R.リンガー ドイツ
18 13:58.11   M.スコット イギリス
  途中棄権   B.カズージ モロッコ
  欠場   H.ゲブリウェト エチオピア
  欠場   G.G.ゲエイ タンザニア

 

10000mで金メダルを獲得したモハメド・ファラー選手は危なげなく予選を通過しました。

 

決勝は8月13日4時20分です。

 

スポンサーリンク

決勝

  タイム 選手名 国名
1 13:32.79 M.エドリス エチオピア
2 13:33.22 M.ファラー イギリス
3 13:33.30 P.K.チェリモ アメリカ
4 13:33.51 Y.ケジェルチャ エチオピア
5 13:35.34 S.バレガ エチオピア
6 13:35.43 M.アーメド カナダ
7 13:36.91 A.キフレ エリトリア
8 13:38.73 A.ブッチャート イギリス
9 13:39.15 J.ナイト カナダ
10 13:39.74 K.キャンベル ジャマイカ
11 13:40.01 P.ティアーナン オーストラリア
12 13:43.25 B.バレウ バーレーン
13 13:48.64 C.ルット ケニア
14 13:58.68 A.ハブテ エリトリア
  欠場 R.ヒル アメリカ

 

10000mはハイペースでしたが、5000mは逆にスローペースでした。

 

1000m~2000mは3分近くかかりました。

 

ペースが遅かったので、ほとんどの選手が力を残していて、ラスト勝負になりました。

 

メダル候補の選手は徹底的にファラー選手をマークしていました。

 

ファラー選手はもう少し早く前に出ておきたかったです。

 

スポンサーリンク

 

ロンドン世界陸上2017全競技日程

日本人選手の結果速報一覧