この記事ではドーハ世界陸上2019女子3000m障害の結果をまとめています。

日本人選手は吉村玲美(大東文化大学)選手が出場しています。

 

スポンサーリンク

ドーハ世界陸上女子3000m障害結果

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:3着+6

1組

1位 9:21.98Q P.チェムタイ(ウガンダ)

2位 9:23.40Q E.コバーン(アメリカ)

3位 9:24.22Q C.チェスポル(ケニア)

4位 9:27.61q M.アベベ(エチオピア)

5位 9:27.74q G.グレグソン(オーストラリア)

6位 9:28.84q K.グローフダル(ノルウェー)

7位 9:30.01q G.ラロンド(カナダ)

8位 9:38.91 A.プラット(イギリス)

9位 9:42.23 許双双(中国)

10位 9:42.92 A.コーエン(イスラエル)

11位 9:44.06 A.トロピナ(ANA)

12位 9:44.96 A.コニチェク(ポーランド)

13位 9:48.08 O.カヤ(トルコ)

14位 10:05.10 O.クロード・ボックスバーガー(フランス)

2組

1位 9:18.01Q B.チェプコエチ(ケニア)

2位 9:18.42Q C.フレリクス(アメリカ)

3位 9:18.82Q G.クラウス(ドイツ)

4位 9:18.92q A.モラー(デンマーク)

5位 9:28.32q L.ゲガ(アルバニア)

6位 9:30.13 E.バード(イギリス)

7位 9:30.85 A.オストランダー(アメリカ)

8位 9:44.80 P.キャンベル(オーストラリア)

9位 9:47.44 M.フィン(アイルランド)

10位 9:49.28 L.ムレータ(エチオピア)

11位 9:52.11 V.ギュルケーシュ(ハンガリー)

12位 9:53.06 C.リチャードソン(フィンランド)

13位 9:55.72 吉村玲美(大東文化大学)

14位 9:57.03 M.バーナード(カナダ)

15位 10:13.79 T.クベンク(トルコ)

3組

1位 9:29.15Q H.キエング(ケニア)

2位 9:29.40Q W.ヤビ(バーレーン)

3位 9:29.68Q M.ミスマス(スロベニア)

4位 9:32.34 F.チェロノ(ケニア)

5位 9:35.59 Y.イボニナ(ANA)

6位 9:37.34 I.サンチェス エスクリバノ(スペイン)

7位 9:40.92 Z.ウォンデンマゲグン(エチオピア)

8位 9:43.75 張新艶(中国)

9位 9:45.07 B.カセッタ(アルゼンチン)

10位 9:47.78 M.ブザヤニ(チュニジア)

11位 9:48.56 R.イー(カナダ)

12位 9:49.18 R.クラーク(イギリス)

13位 9:50.21 G.ウィンカップ(オーストラリア)

欠場 C.クイグリー(アメリカ)

 

吉村玲美選手は9月20日の追加招集からの参加だったので調整が大変だったと思います。

日本では無敵状態ですが、世界のトップ選手とは力の差があります。

今回は自己ベストに近いタイムを出せて、良い経験になったと思います。

 

スポンサーリンク

決勝

金メダル 8:57.84 ベアトリス・チェプコエチ(ケニア)

銀メダル 9:02.35 エマ・コバーン(アメリカ)

銅メダル 9:03.30 ゲサ・フェリシタス・ クラウス(ドイツ)

4位 9:05.68 ウィンフレド・ムティレ・ヤビ(バーレーン)

5位 9:11.08 ペルース・チェムタイ(ウガンダ)

6位 9:11.27 コートニー・フレリクス(アメリカ)

7位 9:13.46 A.モラー(デンマーク)

8位 9:13.53 ヒビン・キエング(ケニア)

9位 9:19.93 L.ゲガ(アルバニア)

10位 9:23.84 G.グレグソン(オーストラリア)

11位 9:25.66 M.アベベ(エチオピア)

12位 9:25.80 M.ミスマス(スロベニア)

13位 9:29.41 K.グローフダル(ノルウェー)

14位 9:32.92 G.ラロンド(カナダ)

途中棄権 C.チェスポル(ケニア)

 

優勝したチェプコエチ選手は初めの1kmを世界記録ペースで入ったので、終盤どうなるかなと思っていました。

少しずつペースは落ちましたが完勝でした。

明らかに力が違いますね。

 

コバーン選手は前回金メダルで今回は銀メダルでした。

自己ベストで世界歴代8位のタイムでした。

 

クラウス選手はドイツ記録で世界歴代9位のタイムでした。

 

ロンドン世界陸上2017女子3000m障害結果