2019年9月29日に第25回関東大学女子駅伝が行われました。

今大会は第37回全日本大学女子駅伝の関東予選大会となっています。

 

この記事では総合結果と本戦出場チームの区間順位と感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

関東大学女子駅伝2019結果

シード校(大東文化大学・東京農業大学)を除いた上位5校が全日本大学女子駅伝の出場権を獲得することができます。

 

優勝 1:39:09 城西大学

2位 1:40:10 日本体育大学

3位 1:40:26 大東文化大学※シード

4位 1:41:37 中央大学

5位 1:41:53 東洋大学

6位 1:42:00 東京農業大学※シード

7位 1:42:08 拓殖大学

8位 1:42:15 玉川大学


9位 1:42:33 順天堂大学

10位 1:45:03 筑波大学

11位 1:45:40 帝京科学大学

12位 1:45:55 白鴎大学

13位 1:47:05 亜細亜大学

14位 1:47:30 城西国際大学

15位 1:49:33 立教大学

16位 1:50:05 松蔭大学

17位 1:50:55 日本女子体育大学

18位 1:52:09 国士舘大学

19位 1:52:26 東京女子体育大学

20位 1:53:45 東京学芸大学

21位 1:57:57 津田塾大学

22位 1:58:49 上智大学

OP 1:50:11 東京農業大学B

欠場 東海大学

 

スポンサーリンク

本戦出場大学の区間順位と感想

城西大学

2-3-2-2-5-1

1年生3人、4年生3人という珍しいオーダーでした。

3区の福嶋摩耶選手が大東文化大学の鈴木優花選手まで6秒差の2位でした。

インカレ5000mで9位に入っている実力者ですが、ロードのほうが強そうです。

本戦ではシード復帰だけでなく、3位以内も狙えそうです。

 

日本体育大学

1-2-6-1-6-2

全員3年生以下のチームです。

工藤杏華選手が1区で区間賞を獲ってから、安定してつないでいます。

1年生の2人がいいですね。

中村朱里選手が2区2位、髙田晴香選手が4区区間賞でした。

 

大東文化大学

7-3-1-3-4-9

鈴木優花選手が区間新記録のすばらしい走りをしています。

関谷夏希選手はインカレから成績が良くないです。

本戦では吉村玲美選手が加わりますが、3位以内は微妙なところです。

 

中央大学

13-20-5-7-1-5

五島莉乃選手がかなり速いタイムで走っています。

本戦でもエース区間で区間賞が獲れそうです。

層が薄いチームですが、長い距離の区間が良かったので、総合結果も良かったです。

 

東洋大学

11-9-4-6-3-10

6区白川恵理菜選手の成績が良くないです。

白川選手が好走しないと、シード権獲得は難しいと思います。

 

東京農業大学

3-5-8-7-8-6

棟久由貴選手が3区8位と良くないです。

去年と比べると戦力が落ちているので、シード権キープは難しそうです。

 

拓殖大学

6-1-3-9-11-4

全員3年生以下のチームです。

牛佳慧選手が2区で区間賞を獲得しています。

3区の佐野英里佳選手も良いですね。

 

玉川大学

15-7-7-4-9-3

アンカーで逆転しての予選通過です。

1区で遅れましたが、上手く立て直しています。

 

スポンサーリンク