2019年10月20日に第5回プリンセス駅伝が行われます。

プリンセス駅伝はクイーンズ駅伝の予選会となっています。

この記事ではプリンセス駅伝2019の20位までの順位予想をしています。

 

スポンサーリンク

プリンセス駅伝2019のテレビ放送

TBSで11時50分~14時54分。

スタート時間は12時10分です。

プリンセス駅伝2019のコース

前回と同じで福岡県の宗像(むなかた)市を走ります。

 

※外国人選手は4区のみ

1区:7.0km

2区:3.6km

3区:10.7km

4区:3.8km

5区:10.4km

6区:6.695km

合計:42.195km

シードチーム

●パナソニック

●天満屋

●ダイハツ

●ヤマダ電機

●ワコール

●豊田自動織機

●JP日本郵政グループ

●デンソー

プリンセス駅伝2018結果

クイーンズ駅伝2018結果

プリンセス駅伝2019出場チーム一覧

●資生堂

●積水化学

●ユニバーサルエンターテインメント

●第一生命グループ

●京セラ

●ルートインホテルズ

●スターツ

●エディオン

●肥後銀行

●シスメックス

●ホクレン

●大塚製薬

●鹿児島銀行

●九電工

●キヤノンAC九州

●ノーリツ

●宮崎銀行

●埼玉医科大学グループ

●ユニクロ

●しまむら

●小島プレス

●メモリード

●ラフィネグループ

●愛知電機

●三井住友海上

●日立

●愛媛銀行

●十八銀行

全28チーム

 

岩谷産業は人数が揃わなかったんでしょうか。

 

スポンサーリンク

プリンセス駅伝2019順位予想

クイーンズ駅伝には上位14チームが出場することができます。

 

優勝 ユニバーサルエンターテインメント

2位 資生堂

3位 京セラ

4位 第一生命グループ

5位 九電工

6位 積水化学

7位 三井住友海上

8位 スターツ

9位 エディオン

10位 大塚製薬

11位 日立

12位 肥後銀行

13位 キヤノンAC九州

14位 ルートインホテルズ


15位 シスメックス

16位 ホクレン

17位 ノーリツ

18位 ユニクロ

19位 鹿児島銀行

20位 埼玉医科大学グループ

戦力分析と感想

ユニバーサルエンターテインメント

青山瑠衣選手が茨城国体5000m4位、和久夢来選手が北海道マラソン優勝、他の選手も試合に出てきてそこそこのタイムを出しています。

昨年よりは期待できると思います。

 

資生堂

木村友香選手とダンカン・メリッサ選手が加入して戦力が大幅に上がっています。

しかし、ドーハ世界陸上の疲れがあるのと高島由香選手が全く試合に出てきてないので、評価を低めにしています。

 

京セラ

中原海鈴選手が加入して層が厚くなりました。

山ノ内みなみ選手はドーハ世界陸上で調子が悪かったので、評価を低めにしています。

 

第一生命グループ

区間エントリーが予想しにくいチームです。

上原美幸選手はMGC途中棄権、田中智美選手が試合に出てきていません。

 

九電工

クイーンズ駅伝で途中棄権だった加藤岬選手は復帰しています。

昨年と同じくらいの戦力だと思います。

 

積水化学

佐藤早也伽選手が急成長しています。

森智香子選手と松﨑璃子選手はトラックで結果を出せていません。

 

三井住友海上

カマウ・タビタ選手の加入は大きいです。

岡本春美選手は試合に出てないので状態が全く分かりません。

 

スターツ

赤坂よもぎ選手の加入が大きいです。

主力の上杉真穂選手と佐藤奈々選手もまずまずのタイムで走れているので、上位通過もあると思います。

 

エディオン

萩谷楓選手が1500mと5000mで良いタイムを出しています。

石澤ゆかり選手と西田美咲選手も良いタイムを出しているので、予選通過の可能性が高いです。

 

大塚製薬

京都産業大学で安定感のあった棚池穂乃香選手が加入しています。

前回のプリンセス駅伝で脚を痛めてしまった横江里沙選手は良いタイムで走れています。

 

日立

前回はエントリーの不備で参加できませんでした。

田村紀薫選手と小井戸涼選手は実力があります。

 

肥後銀行

多くの選手が試合に出場してまずまずのタイムを出しています。

前回のように安定した成績を出すと思います。

 

キヤノンAC九州

マータ・モカヤ選手の加入が大きいです。

矢野栞理選手は今シーズン絶好調です。

 

ルートインホテルズ

前回は7位通過でしたが、藤田正由加選手が試合に出ていないのと、加藤海音選手の成績が良くないので評価を下げています。

 

シスメックス

今までアンカーで頼りになった西田留衣選手の成績が良くないです。

鳴瀧ほのか選手は自己ベストを更新しているので期待できます。

 

ホクレン

清水美穂選手が試合に出てきているのはいいんですが、チーム全体的にタイムが出ていないです。

 

ノーリツ

堀江美里選手が5000mで自己ベストを出しています。

中野円花選手はドーハ世界陸上のマラソンを走ったので、好走するのは難しいと思います。

 

ユニクロ

吉川侑美選手と森野夏歩選手が加入して戦力が上がっています。

 

鹿児島銀行

前回予選通過に大きく貢献した池満綾乃選手がドーハ世界陸上のマラソンを走ったので、今回は厳しい戦いになると思います。

 

埼玉医科大学グループ

マーシャ・ヴェロニカ選手と飯野摩耶選手が加入しましたが、赤坂よもぎ選手が退部しています。

層が薄く、予選通過は難しいと思います。

 

区間エントリー発表後に最終順位予想をする予定です。

 

スポンサーリンク

区間エントリー発表後の最終順位予想

優勝 ユニバーサルエンターテインメント

2位 資生堂

3位 第一生命グループ

4位 積水化学

5位 京セラ

6位 三井住友海上

7位 スターツ

8位 九電工

9位 エディオン

10位 大塚製薬

11位 日立

12位 肥後銀行

13位 キヤノンAC九州

14位 シスメックス


15位 ホクレン

16位 ユニクロ

17位 ノーリツ

18位 ルートインホテルズ

19位 埼玉医科大学グループ

20位 鹿児島銀行

 

ドーハ世界陸上に出場した選手は区間エントリーされてない選手が多いです。

区間エントリーを見て評価を大きく下げたのは九電工とルートインホテルズです。

九電工は加藤岬選手の欠場、ルートインホテルズは加藤海音選手の欠場と藤田正由加選手の調子が悪そうです。

 

プリンセス駅伝2019結果

 

スポンサーリンク