2019年3月30日にデンマークのオーフスで世界クロスカントリー選手権が行われました。

この記事では上位の選手と日本人選手の成績をまとめています。

 

スポンサーリンク

世界クロカン2019結果速報

 

今回のコースはかなりハードなコースになっています。

選手も今までで1番厳しいコースというコメントをしています。

 

福岡クロカンで上位に入った選手が世界クロカンでも上位に入る結果になりました。

U20女子6km

個人

優勝 20:50 Beatrice CHEBET(ケニア)

2位 20:50 Alemitu TARIKU(エチオピア)

3位 20:50 Tsigie GEBRESELAMA(エチオピア)

14位 21:58 風間歩佳(成田高校)

15位 22:00 廣中璃梨佳(長崎商業高校)

21位 22:18 小坂井智絵(成田高校)

22位 22:21 土井葉月(須磨学園高校)

29位 22:45 酒井美玖(北九州市立高校)

33位 22:05 大西ひかり(須磨学園高校)

 

日本人トップの風間歩佳選手は今シーズン好調でしたが、クロスカントリーは特に強いですね。

エチオピアとケニアの選手を除けば、ウガンダの選手1人に負けただけです。

廣中璃梨佳選手も好成績でしたが、競り勝ちました。

団体

優勝 エチオピア

2位 ケニア

3位 日本

U20男子8km

個人

優勝 23:52 Milkesa MENGESHA(エチオピア)

2位 23:54 Tadese WORKU(エチオピア)

3位 23:55 Oscar CHELIMO(ウガンダ)

20位 25:51 佐藤一世(八千代松陰高校)

33位 26:29 葛西潤(関西創価高校)

45位 26:44 中西大翔(金沢龍谷高校)

56位 27:07 井川龍人(九州学院高校)

70位 27:32 白鳥哲汰(埼玉栄高校)

欠場 鈴木芽吹(佐久長聖高校)

 

佐藤一世選手は駅伝も強かったですが、クロスカントリーでも好走しています。

前回の世界クロカンの日本人トップよりも順位もトップとのタイム差も良いです。

団体

優勝 エチオピア

2位 ウガンダ

3位 ケニア

7位 日本

 

スポンサーリンク

シニア女子10km

個人

優勝 36:14 Hellen OBIRI(ケニア)

2位 36:16 Hellen OBIRI(エチオピア)

3位 36:24  Letesenbet GIDEY(エチオピア)

39位 39:27 田中希実(ND28AC)

46位 39:48 加世田梨花(名城大学)

47位 39:48 上田雪菜(筑波大学)

95位 43:25 藪田裕衣(大塚製薬)

 

福岡クロカンに続いて田中希実選手が日本人トップでした。

前回の世界クロカンの日本人トップが24位だったので、前回と比べるとかなり順位が落ちています。

団体

優勝 エチオピア

2位 ケニア

3位 ウガンダ

12位 日本

シニア男子10km

個人

優勝 31:40 Joshua CHEPTEGEI(ウガンダ)

2位 28:36 Jacob KIPLIMO(ウガンダ)

3位 28:43  Geoffrey KAMWOROR(ケニア)

65位 34:35 坂東悠汰(法政大学)

74位 34:54 田村友佑(黒崎播磨)

78位 35:01 中谷雄飛(早稲田大学)

80位 35:04 山口浩勢(愛三工業)

92位 35:24 小松陽平(東海大学)

99位 35:42 西山雄介(トヨタ自動車)

 

ウガンダが強く、団体でもケニア・エチオピアに勝っています。

日本人は前回と同じような順位になっています。

小松陽平選手は序盤で積極的に前に行き、先頭を走るときもありました。

団体

優勝 ウガンダ

2位 ケニア

3位 エチオピア

14位 日本

 

世界クロカン2017結果

 

スポンサーリンク