2018年1月21日に第23回全国都道府県対抗男子駅伝が行われます。

 

この記事では都道府県対抗男子駅伝2018の概要・順位予想・注目選手について書いています。

 

スポンサーリンク

都道府県対抗男子駅伝2018概要

スタート時間:2018年1月21日12時30分

テレビ放送:NHK

 

区間距離

1区(高校生)7.0km

2区(中学生)3.0km

3区(社会人)8.5km

4区(高校生)5.0km

5区(高校生)8.5km

6区(中学生)3.0km

7区(社会人)13.0km

合計:48.0km

都道府県対抗男子駅伝2018順位予想

※入賞の可能性が高い上位15チームまで

 

優勝 長野

2位 埼玉

3位 群馬

4位 兵庫

5位 茨城

6位 静岡

7位 愛知

8位 福島

9位 熊本

10位 千葉

11位 京都

12位 佐賀

13位 東京

14位 北海道

15位 広島

 

参考になるレース結果

都道府県対抗男子駅伝2017結果

高校駅伝2017結果

上位予想チームの戦力分析・感想

長野

高校生は全チームの中で最強。

中学生も強い。

一般の3選手がニューイヤー駅伝・箱根駅伝で欠場・凡走しているのが不安要素。

埼玉

高校生が少し弱い。

設楽悠太選手は1分くらいの差なら逆転可能。

群馬

中学生が弱い。

高校駅伝・箱根駅伝で成績が良くなかった選手が多いのが不安。

兵庫

高校生が強い。

区間エントリー発表の時に、ニューイヤー駅伝で好走した住友電工の2人が走るかに注目。

茨城

高校生が強い。

静岡

中学生が強い。

愛知

中学生が少し強いが、高校生が弱い。

福島

1番順位が予想できないチーム。

前回・高校駅伝で凡走している高校生の出来で順位が大きく変わる。

熊本

中学生と高校生にもう1人ずつ強い選手がいれば優勝争いができそう。

千葉

1区の成績で総合順位が大きく変わりそう。

2区・3区が強いので先頭効果で逃げ切る可能性もある。

千葉予選で負けた八千代松陰高校の選手が3人選ばれているのを低めに評価。

京都

阪口竜平選手が強いが、高校生が弱い。

佐賀

中学・高校・一般が全て15番目くらいの戦力。

東京

中学生が少し強い。

片西景選手に13kmは短い。

北海道

菊地賢人選手に代わって高橋優太選手がエントリー。

過去最高の16位を更新できる可能性が高い。

広島

都道府県対抗男子駅伝では高校生の成績が悪いことが多いので、かなり低めに評価。

新迫志希選手も不安。

 

スポンサーリンク

都道府県対抗男子駅伝2018注目選手

一般

遠藤日向(福島)

ニューイヤー駅伝1区区間賞

 

森田歩希(茨城)

箱根駅伝2区区間賞

 

塩尻和也(群馬)

箱根駅伝2区10位

 

西山和弥(群馬)

箱根駅伝1区区間賞

 

設楽悠太(埼玉)

ニューイヤー駅伝4区区間賞

前回7区区間賞

 

松枝博輝(千葉)

ニューイヤー駅伝3区3位

 

館澤亨次(神奈川)

箱根駅伝8区2位

 

服部弾馬(新潟)

ニューイヤー駅伝1区2位

 

關颯人(長野)

箱根駅伝欠場

 

早川翼(福井)

ニューイヤー駅伝7区区間賞

 

下田裕太(静岡)

箱根駅伝8区区間賞

 

塩沢稀夕(三重)

前回1区区間賞

 

阪口竜平(京都)

箱根駅伝2区7位

 

鎧坂哲哉(広島)

ニューイヤー駅伝7区2位

 

田村和希(山口)

箱根駅伝3区2位

 

市田孝(宮崎)

ニューイヤー駅伝3区区間賞

 

高校生

田澤廉(青森)

高校駅伝1区4位

 

鈴木聖人(茨城)

高校駅伝1区5位

 

中谷雄飛(長野)

高校駅伝1区区間賞

前回1区2位

 

本間敬大(長野)

高校駅伝4区区間賞

 

服部凱杏(長野)

高校駅伝2区区間賞

 

北野太翔(岡山)

高校駅伝1区3位

 

井川龍人(熊本)

高校駅伝1区2位

 

中学生

石田洸介(福岡)

ジュニアオリンピック3000m優勝

3000mの日本中学記録保持者

 

伊藤大志(長野)

ジュニアオリンピック3000m2位

 

鶴川正也(熊本)

ジュニアオリンピック3000m3位

 

五十嵐喬信(茨城)

ジュニアオリンピック3000m4位

 

結果はこちら

都道府県対抗男子駅伝2018結果速報順位一覧!区間賞と感想も

 

女子はこちら

都道府県対抗女子駅伝2018順位予想!優勝候補と注目選手は?

 

スポンサーリンク