2018年1月21日に第23回全国都道府県対抗男子駅伝が行われました。

 

この記事では都道府県対抗男子駅伝2018の結果速報(総合順位・タイム・区間賞)と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

都道府県対抗男子駅伝2018結果速報

総合順位・タイム

優勝 2:19:10 埼玉

2位 2:19:56 長野

3位 2:20:34 千葉

4位 2:20:55 福岡

5位 2:20:59 群馬

6位 2:21:01 山口

7位 2:21:09 神奈川

8位 2:21:24 茨城

9位 2:21:25 福島

10位 2:21:51 東京

11位 2:21:54 大阪

12位 2:21:58 広島

13位 2:22:02 静岡

14位 2:22:23 熊本

15位 2:22:24 新潟

16位 2:22:30 佐賀

17位 2:22:39 兵庫

18位 2:22:54 愛知

19位 2:22:58 愛媛

20位 2:22:59 栃木

21位 2:22:59 岐阜

22位 2:23:04 長崎

23位 2:23:09 京都

24位 2:23:14 岡山

25位 2:23:26 鹿児島

26位 2:23:33 秋田

27位 2:23:42 青森

28位 2:23:56 北海道

29位 2:24:22 山形

30位 2:24:43 富山

31位 2:24:51 大分

32位 2:25:08 滋賀

33位 2:25:15 福井

34位 2:25:18 宮崎

35位 2:25:34 三重

36位 2:25:57 奈良

37位 2:26:09 宮城

38位 2:26:21 和歌山

39位 2:26:25 石川

40位 2:26:51 香川

41位 2:26:51 島根

42位 2:27:52 岩手

43位 2:28:04 高知

44位 2:28:04 鳥取

45位 2:28:36 山梨

46位 2:28:59 徳島

47位 2:30:54 沖縄

区間賞

1区 井川 龍人(熊本)

2区 石田 洸介(福岡)

3区 田村 和希(山口)

4区 本間 敬大(長野)

5区 中谷 雄飛(長野)

6区 篠木 珠良(埼玉)

7区 設楽 悠太(埼玉)

 

スポンサーリンク

都道府県対抗男子駅伝2018の感想

埼玉

予想順位 2位

結果順位 優勝

区間順位 10-6-14-4-6-1-1

 

1区から長野と少ない差で、アンカーの設楽悠太選手につなぎました。

高校生区間でそんなに差をつけられなかったのが勝因だと思います。

設楽悠太選手は区間記録まであと3秒というすばらしい走りでした。

この後、東京マラソンを走る予定なので楽しみです。

長野

予想順位 優勝

結果順位 2位

区間順位 2-14-22-1-1-29-5

 

中学生が思っていたよりも遅かったです。

しかし、埼玉が強すぎたので優勝できていたとしてもギリギリの勝負になっていたでしょう。

千葉

予想順位 10位

結果順位 3位

区間順位 13-6-3-18-3-5-13

 

過去最高順位を更新しました。

高校駅伝を走れなかった八千代松陰高校の選手が良かったです。

福岡

予想順位 16位以下

結果順位 4位

区間順位 22-1-16-8-20-8-3

 

2区の石田洸介選手が区間記録を6秒も更新しました。

この記録はそう簡単に抜けないと思います。

石田選手はいいフォームで長い距離の走りも早く見たいなと思いました。

アンカーの高橋尚弥選手は強い選手が多い中で、区間3位で6人抜きの好走でした。

群馬

予想順位 3位

結果順位 5位

区間順位 27-23-2-17-6-22-2

 

1区で遅れてしまいましたが、大学生の塩尻和也選手と西山和弥選手が区間2位の好走で、5位まで順位を上げました。

西山和弥選手は今シーズンはトラックも駅伝も安定して強かったです。

山口

予想順位 16位以下

結果順位 6位

区間順位 26-5-1-15-15-11-8

 

高校生と中学生が持ちタイムの割に速かったです。

大学生の田村和希選手と野田一輝選手も好走して、山口最高タイムを更新しました。

神奈川

予想順位 16位以下

結果順位 7位

区間順位 11-32-4-6-3-4-25

 

高校生と6区の中学生は持ちタイムは速くないんですが好走しました。

茨城

予想順位 5位

結果順位 8位

区間順位 5-3-8-2-11-8-30

 

6区までは先頭争いをしていたんですが、アンカーで大きく遅れてしまいました。

過去最高順位の6位を更新できそうでしたが残念な結果となりました。

福島

予想順位 8位

結果順位 9位

区間順位 3-11-4-24-8-7-21

 

当日にアンカーが相澤晃選手から住吉秀昭選手に変更となりました。

半澤黎斗選手は高校駅伝の時は遅れましたが、今回は良い位置でつなげました。

遠藤日向選手は前に出ないので、1区以外だと展開に大きく影響されてしまいますね。

兵庫

予想順位 4位

結果順位 17位

区間順位 15-9-28-16-2-16-36

 

三浦拓朗選手は速かったんですが、一般が遅すぎました。

ニューイヤー駅伝の時は良かったんですけどね。

 

来週は大阪国際女子マラソンがあります。

大阪国際女子マラソン2018予想と展望!優勝候補は安藤友香

 

スポンサーリンク