2017年12月23日に第36回山陽女子ロードハーフマラソンが行われました。

 

この記事では山陽女子ロードハーフマラソン2017の上位50選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

山陽女子ロードハーフマラソン2017の結果速報

優勝 1:08:04 パウリン・カムル(ルートインホテルズ)

2位 1:09:13 上原美幸(第一生命グループ)

3位 1:09:14 一山麻緒(ワコール)

4位 1:09:21 鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)

5位 1:09:26 小原怜(天満屋)

6位 1:10:11 森田香織(パナソニック)

7位 1:10:22 前田穂南(天満屋)

8位 1:10:28 関野茜(今治造船)

9位 1:10:35 岩出玲亜(ドーム)

10位 1:10:36 グレース・ブティエ・キマンズィ(スターツ)

11位 1:11:14  池満綾乃(鹿児島銀行)

12位 1:11:16 野上恵子(十八銀行)

13位 1:11:29 シャーロット・パデュー(イギリス)

14位 1:11:32 谷本観月(天満屋)

15位 1:11:48 佐々木文華(第一生命グループ)

16位 1:11:54 伊澤菜々花(ユニバーサルエンターテインメント)

17位 1:12:01 藤本彩夏(京セラ)

18位 1:12:02 藤田理恵(京セラ)

19位 1:12:06 加藤優果(土岐商業高)

20位 1:12:14 青木優子(キヤノンAC九州)

21位 1:12:17 池田絵里香(肥後銀行)

22位 1:12:25 古瀬麻美(京セラ)

23位 1:12:25 菊地優子(ホクレン)

24位 1:12:33 沼田未知(豊田自動織機)

25位 1:12:42 土井友里永(富士通)

26位 1:12:42 津崎紀久代(ノーリツ)

27位 1:13:00 上杉真穂(スターツ)

28位 1:13:37 伊藤舞(大塚製薬)

29位 1:13:38 竹本由佳(キヤノンAC九州)

30位 1:13:39 宮内宏子(ホクレン)

31位 1:13:39 西田留衣(シスメックス)

32位 1:13:52 芦麻生(九電工)

33位 1:13:54 鈴木千晴(日立)

34位 1:13:56 奥野有紀子(資生堂)

35位 1:13:58 下門美春(ニトリ)

36位 1:14:12 金平裕希(シスメックス)

37位 1:14:22 松山芽生(ノーリツ)

38位 1:14:35 井上彩花(大塚製薬)

39位 1:14:43 清田真央(スズキ浜松AC)

40位 1:14:54 宮内洋子(ホクレン)

41位 1:15:09 吉冨博子(メモリード)

42位 1:15:16 小﨑まり(ノーリツ)

43位 1:15:40 坂元えり(肥後銀行)

44位 1:16:04 山中聖菜(愛媛銀行)

45位 1:16:06 野村沙世(ユニクロ)

46位 1:16:09 川内理江(大塚製薬)

47位 1:16:17 水口侑子(デンソー)

48位 1:16:20 中村瑠花(小島プレス)

49位 1:16:25 九嶋映莉子(ノーリツ)

50位 1:16:35 向井優香(第一生命グループ)

 

スポンサーリンク

山陽女子ロードハーフマラソン2017の感想

ラップタイムを見ると、パウリン・カムル選手が独走して、一山麻緒選手と小原怜選手が日本人トップ争いをしています。

しかし、2人とも終盤でペースを落としてしまい、ほぼイーブンペースだった上原美幸選手が日本人トップになりました。

 

1時間9分台前半に4人入っているので、レベルの高い結果だったと思います。

マラソンも期待できそうです。

 

19位に入った加藤優果選手は高校生なので、素晴らしい成績です。

高校新記録なんでしょうか?

土岐商業高校は残念ながら岐阜予選で負けたので、全国高校駅伝には出場できません。

 

清田真央選手は結果が良くなかったです。

初めの5kmで遅れてしまっていました。

名古屋ウィメンズマラソンへの出場を予定していると思うので、これから調子を上げていってほしいです。

今後の注目駅伝を紹介

2017年12月24日:高校駅伝

高校駅伝2017出場校一覧と予想!優勝候補と注目選手は?

 

2018年1月1日:ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝2018予想と出場チーム一覧!優勝候補と注目選手は?

 

2018年1月2日・3日:箱根駅伝

箱根駅伝2018順位予想と出場校一覧!優勝候補と注目選手は?

 

スポンサーリンク