2017年11月26日に第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会が行われました。

 

クイーンズ駅伝と呼ばれている大会です。

 

この記事ではクイーンズ駅伝2017の結果速報(タイム・総合順位・区間賞)とレースの感想について書いています。

 

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2017の結果速報

※シードは8位まで

 

優勝 2:16:45 ユニバーサルエンターテインメント

2位 2:17:07 パナソニック

3位 2:17:52 ダイハツ

4位 2:17:54 JP日本郵政グループ

5位 2:17:57 第一生命グループ

6位 2:18:54 天満屋

7位 2:19:13 ヤマダ電機

8位 2:19:44 資生堂


9位 2:20:00 豊田自動織機

10位 2:20:32 九電工

11位 2:20:53 積水化学

12位 2:21:52 京セラ

13位 2:22:14 デンソー

14位 2:23:28 三井住友海上

15位 2:23:43 肥後銀行

16位 2:23:48 しまむら

17位 2:23:52 ワコール

18位 2:23:55 TOTO

19位 2:23:59 ホクレン

20位 2:24:49 シスメックス

21位 2:26:39 ノーリツ

22位 2:27:33 スターツ

区間賞

1区 森田 香織(パナソニック)

2区 渡邊 菜々美(パナソニック)

3区 堀 優花(パナソニック)

4区 シュル・ブロ(TOTO)

5区 前田 彩里(ダイハツ)

6区 猿見田 裕香(ユニバーサルエンターテインメント)

 

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2017の感想

1区の順位が総合順位に大きく影響しました。

 

あと、4区が風の影響なのか、外国人選手が遅すぎました。

 

では、チームごとに見ていきましょう。

ユニバーサルエンターテインメント

区間順位:2-7ー4-2-2-1

全員が力を出し切れた結果だったと思います。

特に4区伊澤菜々花選手と、6区猿見田裕香選手は予想以上の好走でした。

パナソニック

区間順位:1-1-1-14-5-3

4区でかなり差をつめられてしまったのが惜しかったです。

しかし、プリンセス駅伝に続いて、調子を合わせてきたのは見事でした。

ダイハツ

区間順位:5-10-7-10-1-8

前田彩里選手の復活が大きすぎました。

大森菜月選手の調子が完全に戻れば、次回は優勝を狙えるかもしれません。

JP日本郵政グループ

区間順位:4-9-2-5-6-9

5区の関根花観選手と、6区の寺内希選手が思ったより良くなかったです。

第一生命グループ

区間順位:8-5-5-3ー8-4

田中花歩選手と田中智美選手が欠場していましたが、安定した結果でした。

天満屋

区間順位:9-2-10-11-7-6

2区の西脇舞選手と、北海道マラソン2017優勝の5区前田穂南選手が良かったです。

3区の小原怜選手と6区の重友梨佐選手は大阪か名古屋のマラソンに出場すると思うので、こちらも楽しみです。

ヤマダ電機

区間順位:10-3-11-9-9-2

4区の石井寿美選手が5区を走れないようでは、総合成績で上の順位を狙うのは難しいです。

6区を走った竹地志帆選手は名古屋ウィメンズマラソンに出場すると思うので楽しみです。

資生堂

区間順位:3-5-3-7-18-16

なんとかシード権を獲得できました。

あと2人強い選手がいれば、優勝も見えてきます。

豊田自動織機

区間順位:13-11-9-7-10-5

全体的に調子が悪そうな結果です。

プリンセス駅伝では優勝しましたが、調整が上手くいかないと大きく順位を落としてしまいます。

九電工

区間順位:14-15-6-3-12-12

宮﨑悠香選手の欠場が大きかったです。

陣内綾子選手に6区は長すぎたんじゃないでしょうか。

積水化学

区間順位:16-8-13-12-3-7

1区で大きく出遅れてしまいました。

森智香子選手はプリンセス駅伝では1区区間賞でした。

尾西美咲選手はラストランということで、おつかれさまでした。

京セラ

区間順位:6-12-17-20-4-17

5区の堀口あずき選手以外は、プリンセス駅伝から調子が戻らなかったようです。

若くて力のあるチームなので、次回はクイーンズ8入りの可能性が高いと思います。

デンソー

区間順位:12-14-12-16-15-15

全体的に調整が上手くいってないような結果です。

三井住友海上

区間順位:11-3-16-15-11-21

プリンセス駅伝が14位だったので、大きく順位を上げました。

区間配置が良かったと思います。

肥後銀行

区間順位:15-13-18ー18-16-12

プリンセス駅伝の結果と併せて評価が上がりました。

しまむら

区間順位:22-22-8-16-19-17

阿部有香里選手以外の選手が力をつけないと、上の順位を狙うのは難しいです。

ワコール

区間順位:7-15-14-22-20-14

1区の一山麻緒選手が序盤から飛ばしたのは、チームの戦力を考えると、1区でリードを奪わないとシード権キープは難しいと考えたからでしょう。

一山選手は強い選手ですが、他にも強い選手が多数いたので、簡単に独走はさせてくれませんでした。

TOTO

区間順位:17-19-19-1-14-20

1区中原海鈴選手はおもしろいなと思っていたんですが、日本人選手の出来が悪かったです。

ホクレン

区間順位:21-18-15-19-16-11

3年連続9位のチームでしたが、今回は清水美穂選手が欠場していましたし、残念な結果となりました。

シスメックス

区間順位:18-21-20-21-13-10

プリンセス駅伝と同じで、5区永岡真衣選手と6区西田留衣選手が良かったです。

ノーリツ

区間順位:19-20-22-13-21-19

42歳の小﨑まり選手の区間順位が一番良かったので、他の選手も頑張ってもらいたいです。

スターツ

区間順位:20-15-21-5-22-22

プリンセス駅伝では区間賞だったワンジル選手が、今回は少し良くなかったです。

 

スポンサーリンク