2017年10月22日に第3回プリンセス駅伝が行われました。

 

プリンセス駅伝はクイーンズ駅伝の予選会となっていて、上位14チームがクイーンズ駅伝に出場することができます。

 

この記事ではプリンセス駅伝2017の順位と区間賞の結果速報をまとめて、感想を書いています。

 

スポンサーリンク

プリンセス駅伝2017結果速報

優勝 2:20:28 豊田自動織機

2位 2:20:35 パナソニック

3位 2:22:10 ダイハツ

4位 2:22:37 積水化学

5位 2:23:44 デンソー

6位 2:23:57 シスメックス

7位 2:23:59 ホクレン

8位 2:24:15 肥後銀行

9位 2:24:16 しまむら

10位 2:24:22 TOTO

11位 2:24:24 スターツ

12位 2:24:35 ノーリツ

13位 2:24:53 京セラ

14位 2:24:55 三井住友海上


15位 2:25:30 大塚製薬

16位 2:25:40 キヤノンAC九州

17位 2:25:52 日立

18位 2:26:10 ルートインホテルズ

19位 2:26:46 鹿児島銀行

20位 2:27:28 ユニクロ

21位 2:27:47 十八銀行

22位 2:31:59 宮崎銀行

23位 2:32:44 愛知電機

24位 2:35:41 愛媛銀行

25位 2:35:43 小島プレス

26位 2:36:40 ラフィネグループ

27位 2:37:06 ナンチク

28位 2:40:44 メモリード

途中棄権 エディオン

区間賞

1区 森智香子(積水化学)

2区 渡邊菜々美(パナソニック)

3区 堀優花(パナソニック)

4区 ローズメリー・ワンジル(スターツ)

5区 前田彩里(ダイハツ)

6区 林田みさき(豊田自動織機)

   松田杏奈(京セラ)

 

スポンサーリンク

プリンセス駅伝2017の感想

台風が心配でしたが、何とか開催できてよかったです。

 

雨は少なかったですが、風が強くレースにも影響が出ていました。

 

悪条件でしたが、力のあるチームは順当に予選を通過しました。

 

私の予想は↓の記事に書いてあります。

プリンセス駅伝2017(クイーンズ駅伝予選会)予想!出場チームエントリー一覧

 

最後、エディオンは若林由佳選手がゴール直前で倒れてしまったのが残念です。

 

脚を痛めたというより、意識が無くなった感じだったので心配です。

 

日立も力があるチームなんですけど、1区で大きく出遅れたのが痛かったです。

 

優勝争いは最後まで面白かったです。

 

今回はプリンセス駅伝のレベルが高かったです。

 

クイーンズ駅伝ではシードチームが大きく入れ替わるかもしれません。

豊田自動織機

全員が安定していました。クイーンズ駅伝でも上位に入る可能性が高いです。

パナソニック

4区で外国人選手がいないのが、豊田自動織機との差でした。他の区間は全員3位以内でした。

ダイハツ

前田彩里選手が区間賞を獲れるくらい、調子が良くなっています。吉本ひかり選手も良くなってます。

積水化学

思っていたより、3区の松﨑璃子選手・5区の桑原彩選手・6区の佐藤早也伽選手が良くなかったです。

デンソー

ワイリム選手の欠場で、苦しいレースになりました。

シスメックス

5区の永岡真衣選手と6区の西田留衣選手で、一気に予選通過ラインの上まできました。

ホクレン

5区の宮内宏子選手以外は安定していました。

肥後銀行

全員区間10位前後で、平均的な成績でした。

しまむら

3区の阿部有香里選手の存在が大きかったです。

TOTO

1区21位から2区の中原海鈴選手と、4区のブロ選手で大きく追い上げました。

スターツ

4区ワンジル選手の区間賞が大きかったです。

ノーリツ

3区の井上藍選手が遅れましたが、何とか予選通過できました。

京セラ

距離の長い3区藤田理恵選手と5区古瀬麻美選手のタイムが良くなかったです。しかし、アンカーの松田杏奈選手が区間賞の走りで、予選通過することができました。

三井住友海上

最後京セラに抜かれて、予選通過できないかと思いましたが、エディオンの途中棄権により、予選通過することができました。

エディオン

5区終了時点で10位、ゴール直前13位というところで、若林由佳選手が急に倒れてしまいました。大丈夫であって欲しいです。

 

※追記

エディオンの若林由佳選手は脱水症状だったようです。点滴でだいぶ回復しているみたいです。

 

スポンサーリンク

 

クイーンズ駅伝2017の予想記事

クイーンズ駅伝2017予想と出場チーム一覧!優勝候補と注目選手は?