2016年10月23日に

全日本実業団対抗女子駅伝予選会が行われました。

 

全日本実業団対抗女子駅伝予選会は

プリンセス駅伝と呼ばれています。

 

この記事では

プリンセス駅伝の結果速報と

感想について書いています。

 

スポンサーリンク

プリンセス駅伝2016の順位結果速報

1位:2:19:15 TOTO

2位:2:20:00 ノーリツ

3位:2:20:11 京セラ

4位:2:20:14 パナソニック

5位:2:20:16 ホクレン

6位:2:20:25 しまむら

7位:2:20:42 日立

8位:2:20:45 JP日本郵政グループ

9位:2:20:50 資生堂

10位:2:21:26 ダイハツ

11位:2:21:33 ワコール

12位:2:21:50 ユタカ技研

13位:2:22:20 三井住友海上

14位:2:22:45 十八銀行

15位:2:22:57 ルートインホテルズ

16位:2:23:02 ユニクロ

17位:2:23:25 大塚製薬

18位:2:23:29 エディオン

19位:2:23:56 宮崎銀行

20位:2:25:08 シスメックス

21位:2:25:31 キヤノンAC九州

22位:2:26:29 鹿児島銀行

23位:2:27:23 スターツ

24位:2:28:36 肥後銀行

25位:2:29:44 小島プレス

26位:2:31:20 愛知電機

27位:2:33:01 メモリード

28位:2:35:39 ナンチク

区間賞

1区 前川 晴菜(十八銀行)

2区 田邉 美咲(三井住友海上)

3区 松田 瑞生(ダイハツ)

4区 パウリン・カムル(ルートインホテルズ)

5区 中川 京香(JP日本郵政グループ)

6区 寺内  希(JP日本郵政グループ)

 

スポンサーリンク

プリンセス駅伝2016の感想

私の直前予想はこちらでした。

 

1位 ノーリツ

2位 JP日本郵政グループ

3位 しまむら

4位 ホクレン

5位 パナソニック

6位 三井住友海上

7位 TOTO

8位 ユニクロ

9位 ダイハツ

10位 日立

11位 ルートインホテルズ

12位 資生堂

13位 シスメックス

14位 宮崎銀行

 

詳しいことはこちらの記事で

プリンセス駅伝2016(クイーンズ駅伝予選会)の予想と注目選手

TOTO

不調の選手が1人もいなかったのが

勝因だと思います。

 

損をすることなく、

外国人選手で稼げました。

ノーリツ

優勝予想していましたが、

思っていたよりTOTOが強かったです。

 

1区で井上選手を使ったにしては

少し出遅れました。

京セラ

まさかここまで力を付けているとは思いませんでした。

 

3年後くらいにはクイーンズ駅伝で

優勝争いが出来るチームに

なっているかもしれません。

JP日本郵政グループ

鍋島選手と関根選手が不調でした。

 

関根選手が崩れるのは珍しいですね。

 

いつも好走しているので、

今回も区間賞争いをすると

予想していたんですけどね。

 

それでも、8位まで持ってこれるのは

総合力が高いです。

資生堂

高島選手の加入が大きかったのと、

竹中選手の調子が良かったので、

序盤でいい流れが作れました。

ダイハツ

木﨑選手はまだ不調が続いてますが、

岡選手はいい感じですね。

ワコール

1区で十八銀行の前川選手が

飛び出してくれたのが

ワコールにとっては良かったです。

 

一山選手が上手く貯金を作り、

何とか守りました。

ユタカ技研

3区を走った髙野智声選手は

今回のプリンセス駅伝で

1番印象に残りました。

 

日本代表クラスがいっぱいいる中で、

もう少しで区間賞という走りでした。

三井住友海上

1区で大きく出遅れても

予選通過できるのは強いです。

 

2区の田邉選手は区間2位に

20秒も差を付けています。

十八銀行

1区の前川選手の走りがすばらしかったです。

 

予選通過に大きく貢献しました。

宮崎銀行

うーん・・・少し届きませんでしたか。

 

宇都宮選手が思っていたより良くなかったです。

まとめ

1区から波乱の展開になりましたが、

力のあるチームは順当に通過できました。

 

クイーンズ駅伝は11月27日です。

 

クイーンズ駅伝はシードチームに

良い選手がいっぱいいるので、

おもしろいレースになりますよ。

 

近いうちにクイーンズ駅伝の

予想記事を書く予定です。

 

スポンサーリンク

 

クイーンズ駅伝での予想はこちら

クイーンズ駅伝2016予想と出場チーム一覧!優勝候補と注目選手は?