2017年1月2日・3日に行われる

第93回箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。

 

この記事では駒澤大学の

区間エントリーと当日変更予想

について書いています。

 

スポンサーリンク

駒澤大学の区間エントリー

1区:山口 優希

2区:工藤 有生

3区:下 史典

4区:高本 真樹

5区:大塚 祥平

6区:物江 雄利

7区:伊勢 翔吾

8区:山下 一貴

9区:片西 景

10区:堀合 大輔

 

補欠

中谷 圭佑

西山 雄介

広瀬 匠

紺野 凌矢

中西 亮貴

中村 大聖

当日変更予想

1区:山口優希→西山雄介

8区:山下一貴→紺野凌矢

10区:堀合大輔→中谷圭佑

 

高本真樹選手が走れない場合

1区:山口優希→西山雄介

4区:高本真樹→中谷圭佑

10区:堀合大輔→紺野凌矢

区間エントリーを見た感想

当日変更が予想しにくいですね。

 

1区は確実に変更で、

8区・10区も変更しそう。

 

そうなると、どういう組み合わせが

1番良さそうかと考えたら

予想のとおりになりました。

 

まず、西山選手が入れそうなのが、

1区・4区・7区です。

 

高本選手が走れないとなると、

復路がかなり弱くなります。

 

伊勢選手は全日本で

まずまずの走りをしていました。

 

こう考えると、1区しか入るところがありません。

 

箱根駅伝では故障明けの主力を

10区で使うことが多い印象なので、

中谷選手を10区予想にしました。

 

全体的に万全なオーダーではないですね。

 

総合優勝は難しそうです。

区間エントリー発表後の順位予想記事

区間エントリー当日変更後

往路

1区:山口優希→西山雄介

4区:高本真樹→中谷圭佑

 

やっぱりこうなるんですね。

復路が不安です。

 

復路

8区:山下一貴→広瀬匠

 

駒澤大学にしてはかなり

復路のメンバーが弱いです。

 

順位がキープできれば御の字です。

 

スポンサーリンク