2016年10月15日(土)に第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会が行われます。

 

スタート時間は9時35分です。

 

この記事では箱根駅伝予選会の

順位予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会のルール

2017年1月2日、3日に行われる

箱根駅伝に出場するには

前回の箱根駅伝で10位以内に入るか

2016年10月15日に行われる

箱根駅伝予選会で

10位以内に入らないといけません。

 

各大学の登録人数は12人です。

 

各大学の12人の選手は

立川の20kmコースを走ります。

 

そして、12人中上位10人の記録の

総合タイムで競います。

 

全日本大学駅伝の予選会のように

途中棄権の選手がいても

通過できる可能性が残ります。

全日本大学駅伝予選会2016関東地区の結果速報と感想

シード校

シード校は前回の箱根駅伝の上位10校です。

 

青山学院大学

東洋大学

駒澤大学

早稲田大学

東海大学

順天堂大学

日本体育大学

山梨学院大学

中央学院大学

帝京大学

 

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会の順位予想

※選手エントリーが発表されたので

予想を更新しています。

箱根駅伝予選会最終順位予想

 

箱根駅伝予選会の順位予想を

上位15位までします。

 

他の大学は通過の可能性は

ほとんどないと思います。

 

1位 神奈川大学

2位 日本大学

3位 明治大学

4位 國學院大學

5位 創価大学

6位 専修大学

7位 城西大学

8位 大東文化大学

9位 国士舘大学

10位 拓殖大学


11位 上武大学

12位 東京国際大学

13位 中央大学

14位 法政大学

15位 東京農業大学

神奈川大学

全日本大学駅伝予選会では

山藤篤司選手の途中棄権で

予選敗退してしまいました。

 

しかし、途中棄権がなければ

2位通過も狙えるような途中経過でした。

 

箱根駅伝予選会は

1人途中棄権しても通過できるので

予選通過はほぼ確実です。

日本大学

ワンブィ選手以外にも

石川颯真選手、加藤拓海選手といった

上位の成績が期待できる選手がいるので、

上位で予選通過すると予想します。

明治大学

強い4年が多数卒業して

戦力が落ちました。

 

しかし、学法石川卒業の

阿部弘輝選手が期待できるので、

上位通過すると思います。

國學院大學

前回、通過濃厚と予想していて

まさかの予選敗退でしたが、

今回は通過できるでしょう。

創価大学

全日本大学駅伝予選会では

ムイル選手の途中棄権で

予選敗退となりました。

 

しかし、途中棄権がなければ

予選通過できていたと思います。

 

この順位で予想している人は

少ないと思いますが、

意外と好順位なのではないか

と予想します。

専修大学

全日本大学駅伝予選会では

予選敗退となりましたが、

記録会の成績は良いんですよね。

 

4年生が強いので、

今回通過できないようなら

次の通過はいつになるの?

といった感じです。

城西大学

城西大学で気になるのは松村陣之助選手です。

 

松村選手が戦力にならないと

予選通過が危なくなってきます。

大東文化大学

通過するには1年生の奈良凌介選手の

活躍が必要になってくると思います。

国士舘大学

前回はわずか10秒に泣きました。

 

今回も数秒勝負の

苦しい戦いになると思います。

拓殖大学

全日本大学駅伝予選会では

予想外の好成績でした。

 

持ちタイム的には少し厳しいですが、

いい雰囲気の中で

力をつけてくるのではないか

と予想しました。

上武大学

箱根駅伝予選会に強い上武大学が

今年も滑り込んでくるかもしれません。

東京国際大学

スタンレイ選手の貯金を

上手くキープできるか?

という勝負になると思います。

中央大学

87回連続90回という

すばらしい出場回数ですが、

今回はかなり危ないです。

 

町澤大雅選手が好調だったとしても、

層が薄すぎて苦しいです。

 

箱根駅伝で町澤選手を見たいので、

頑張って欲しいです。

法政大学

少し苦しいと思いますが、

通過の可能性は十分にあります。

東京農業大学

かなり苦しいです。

予想のまとめ

今回も混戦で秒差の決着となる

可能性が高いです。

 

安全と言えるのは

神奈川大学

日本大学

明治大学

くらいで、他の大学は差がないです。

 

予選会が近くなったら

予想を追記する予定です。

 

スポンサーリンク

エントリー選手の発表はいつ?

※2016年9月27日追記

 

エントリー選手の発表は

2016年10月1日です。

 

エントリー選手が発表されたら

最終予想をしたいと思います。

箱根駅伝予選会の最終順位予想

※2016年10月1日追記

 

1位 神奈川大学

2位 明治大学

3位 國學院大學

4位 日本大学

5位 大東文化大学

6位 創価大学

7位 専修大学

8位 東京国際大学

9位 国士舘大学

10位 中央大学


11位 城西大学

12位 拓殖大学

13位 上武大学

14位 法政大学

15位 東京農業大学

16位 亜細亜大学

神奈川大学

鈴木健吾選手がタイムを稼げるし、

層も厚いので通過確実です。

 

全日本大学駅伝の予選と違って

1人棄権しても通過できますからね。

明治大学

日体大記録会の成績が

良かったので評価を上げました。

 

1位通過もありそうです。

國學院大學

層の厚いチームです。

 

前回は下馬評が高い中で

通過できませんでしたが、

さすがに今回は通過できるでしょう。

日本大学

ワンブィ選手と石川颯真選手で

タイムを稼げるんですが、

10番目付近の選手の実力が

上位予想した大学に劣ります。

大東文化大学

日体大記録会の成績が

良かったので評価を上げました。

創価大学

気になるのはムイル選手が

長い距離に対応できるかどうかです。

専修大学

持ちタイムを考えると

通過できると思います。

 

4年生が強いので

今年通過できなければ、

来年も通過できないでしょう。

東京国際大学

留学生がいるのが大きいです。

 

他の選手もボーダー付近の大学と

比べると実力は同じくらいです。

国士舘大学

ボーダーギリギリです。

 

2年連続で秒差に泣く展開も

十分にありえます。

中央大学

今回の予選会で

1番注目されている大学でしょう。

 

中央大学の予想は1番悩みました。

 

一時は絶望的な状況でしたが、

かなり立て直してきました。

 

町澤大雅選手の状態は

日体大記録会の結果を見ると

だいぶ戻ってきてると思います。

 

他の選手も自己ベストを更新して

いい感じで力をつけてきています。

城西大学

高橋一生・中舎優也・酒井雅喜

という主力3選手が

エントリーしていませんでした。

 

大幅な戦力ダウンなので

評価をかなり下げました。

拓殖大学

全日本大学駅伝の予選会では

素晴らしい成績だったので、

初めの予想の時は

評価が高かったんですが、

改めて考えてみると厳しいですね。

上武大学

箱根駅伝予選会では

強い上武大学ですが、

走力的には厳しいです。

法政大学・東京農業大学

かなり厳しいです。

亜細亜大学

 

層が薄すぎて通過ラインには

全然届いてないと思います。

予想のまとめ

大東文化大学までは安全圏、

東京国際大学までは

有利だとみています。

 

残りの2枠を

国士舘大学から上武大学までの

5大学が争うことになると思います。

 

よかったらあなたも

コメント欄で予想してみませんか?

 

全然わからない素人予想でも

楽しければそれでいいんですよ。

 

私もそんなに詳しいわけじゃないですからね。

 

スポンサーリンク

 

結果が出ました

箱根駅伝予選会2017の順位結果速報!個人の成績はどうだったのか?