2020年の全日本大学駅伝関東地区の出場校が決まりました。

今回はいつものような予選ではなく、2019年1月1日~12月31日までの10000mの記録で決まりました。

 

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2020関東地区選考結果

※上位8名の合計タイム(枠7)

 

1位 3:51.41.33 日本大学

2位 3:51.56.06 中央学院大学

3位 3:52.06.11 明治大学

4位 3:52.28.87 順天堂大学

5位 3:53.12.57 山梨学院大学

6位 3:53.22.26 日本体育大学

7位 3:53.27.64 城西大学


8位 3:53.34.55 中央大学

9位 3:53.35.77 創価大学

10位 3:53.58.43 神奈川大学

11位 3:54.35.65 駿河台大学

12位 3:54.36.70 大東文化大学

13位 3:54.42.69 東京農業大学

14位 3:55.22.17 拓殖大学

15位 3:55.58.12 麗澤大学

16位 3:56.17.52 国士舘大学

17位 3:56.32.42 法政大学

18位 3:57.09.48 上武大学

19位 3:58.03.51 筑波大学

20位 3:58.33.81 亜細亜大学

 

かなりの接戦です。

7位と8位の差は7秒しかありません。

 

スポンサーリンク

中央大学は有効期間が違えば最速タイム

中央大学は今のタイムであれば、シード校を含めても最速だと思います。

2020年3月に行われた記録会で好記録が連発していました。

 

今年度はルーキーのレベルが高く、楽しみにしていたチームでした。

中央大学は2012年以降、全日本大学駅伝には出場できていません。

今回は優勝は難しくても、新しい区間距離に慣れるためにも出場しておきたかったです。

創価大学は嶋津雄大の休学が影響

創価大学の嶋津雄大選手が休学により、選考対象には入っていませんでした。

嶋津選手の記録が入っていれば、創価大学は6位でした。

 

創価大学は全日本大学駅伝には出場経験がなく、今回で初出場かと思われましたが、残念ながら少し届きませんでした。

箱根駅伝シード校の優遇も無かったので不運でした。

初出場の予定だった出雲駅伝も中止になってしまったので、箱根駅伝で頑張って欲しいです。

予選通過校でシード権を獲得できそうな大学は?

シード校

東海大学

青山学院大学

駒澤大学

東京国際大学

東洋大学

早稲田大学

國學院大學

帝京大学

 

シード校は今年度も強いので、2校以上の入れ替わりの可能性は低いと思います。

予選通過校の中では箱根駅伝予選会に出場しなくてもいい明治大学が最上位だと今の段階では予想しています。

しかし、シード校がミスをしなければ、勝つのは難しいと思います。

 

シード校の中では青山学院大学・東海大学・駒澤大学が強いと思います。

順位予想はこの3校がトップ3になると思います。

 

シード落ちは東洋大学が危ないかなと思っています。

 

スポンサーリンク