2019年1月27日に第38回大阪国際女子マラソンが行われました。

この記事では上位に入った選手・招待選手・注目選手の順位とタイムの結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

大阪国際女子マラソン2019結果速報

優勝 2:25:39 ファツマ・サド(エチオピア)

2位 2:25:46 小原怜(天満屋)

3位 2:26:01 ボルネス・ジェプキルイ(ケニア)

4位 2:27:39 中野円花(ノーリツ)

5位  2:28:02 阿部有香里(しまむら)

6位 2:28:42 田中華絵(資生堂)

7位 2:29:03 田中智美(第一生命グループ)

8位 2:29:15 大森菜月(ダイハツ)

9位 2:31:14 何引麗(中国)

10位 2:31:31 アベベチ・アフェワーク(エチオピア)

11位 2:31:32 猪原千佳(肥後銀行)

12位 2:32:30 藤本彩夏(京セラ)

13位 2:33:51 堀江美里(ノーリツ)

14位 2:34:15 水口瞳(大阪学院大学)

17位 2:37:02 吉田香織(TEAM R×L)

20位 2:38:33 石井寿美(ヤマダ電機)

25位 2:41:10 棚池穂乃香(京都産業大学)

途中棄権 福士加代子(ワコール)

 

ラップチャレンジ賞

ボルネス・ジェプキルイ

MGC出場資格はどうなった?

大阪国際女子マラソンのMGC出場条件

日本人1~3位 2時間28分以内

日本人4~6位 2時間27分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

今回MGCを獲得した選手

中野円花

 

すでにMGCを獲得していた選手

小原怜

 

スポンサーリンク

大阪国際女子マラソン2019の感想

ペースメーカーの設定タイムは30kmまで5km17分ペースでした。

このペースに付いていった日本人選手は4人(福士加代子・小原怜・石井寿美・大森菜月)だけでした。

 

10kmを過ぎてから福士加代子選手が転倒してしまいましたが、先頭集団に追いつきました。

中間点までは付いていった福士選手ですが、転倒の影響があったのか遅れていき、35km過ぎで途中棄権となりました。

まだチャンスはあるので、もう1回チャレンジして欲しいです。

 

ペースメーカーが離れる30km地点では先頭集団は3人になっていました。

30~35kmはラップチャレンジがあったので、どうなるかと思っていたんですが、3人とも狙っている感じではなかったです。

 

35km過ぎで小原怜選手がスパートしたんですが、もう少し速くスパートしていればラップチャレンジ賞を獲れていたと思います。

小原選手は安定感はありますが、もう少し届かないという結果が多いです。

 

MGCの出場権獲得者は1人だけでした。

中野円花選手はラストで上げて何とか獲得しました。

阿部有香里選手は2秒届きませんでした。

今回のメンバーなら3人獲得してほしかったです。

 

ワイルドカードでも可能性があった田中華絵選手は22秒届きませんでした。

 

初マラソンの大森菜月選手は積極的に先頭集団に付いていって、終盤も上手く粘りました。

 

来週は別府大分毎日マラソンがあります。

別府大分毎日マラソン2019予想と注目選手の紹介

 

スポンサーリンク