2018年12月9日に第4回さいたま国際マラソンが行われました。

優勝はダリラ・ゴサ選手、日本人トップは今田麻里絵選手でした。

この記事では上位選手の順位とタイムをまとめています。

 

スポンサーリンク

さいたま国際マラソン2018結果速報

優勝 2:25:35 ダリラ・ゴサ(バーレーン)

2位 2:25:39 シタヤ・ハブテゲブレル(バーレーン)

3位 2:28:38 シルビア・キベト(ケニア)

4位 2:29:35 今田麻里絵(岩谷産業)

5位 2:31:07 清田真央(スズキ浜松アスリートクラブ)

6位 2:32:11 床呂沙紀(京セラ)

7位 2:34:21 下門美春(埼玉陸協)

8位 2:34:47 吉冨博子(メモリード)

9位 2:36:59 水口侑子(デンソー)

10位 2:41:36 古瀬麻美(京セラ)

11位 2:42:15 岡田唯(大塚製薬)

 

欠場

伊藤舞(大塚製薬)

井上彩花(大塚製薬)

MGC出場権獲得者は?

MGC出場権獲得条件

※順位には外国人選手とすでにMGC出場権を獲得している日本人選手を含めない

1~3位 2時間29分以内

4~6位 2時間28分以内

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針

 

残念ながらMGC出場権の獲得者はいませんでした。

 

スポンサーリンク

さいたま国際マラソン2018の感想

ペースメーカーの設定タイムは2時間26分前後のペースでした。

中間点の通過は1時間13分10秒でした。

 

優勝争いはバーレーンのゴサ選手とハブテゲブレル選手の勝負になり、ラスト200mでゴサ選手がスパートして優勝しました。

ハブテゲブレル選手は前回も3秒差の2位だったので、同じような結果になりました。

 

日本人トップの今田麻里絵選手は中間点を過ぎてから遅れ始めて、MGCには35秒届きませんでした。

しかし、2分以上の自己ベスト更新です。

大阪か名古屋に出場すれば2時間27分台は出ると思います。

 

日本人2位の清田真央選手は早い段階で遅れてしまい、5kmのラップタイムが18分を超えてしまいました。

MGCへの挑戦はあと1回だと思うので、何とか出場して欲しいです。

 

日本人3位の床呂沙紀選手も自己ベスト更新です。

終盤で大きく失速してしまいましたが、2時間30分切りが見えるところまできました。

 

MGC出場権獲得者はまだ8人だけです。

最終的に13人くらいかなと予想しています。

 

12月23日には全国高校駅伝があります。

高校駅伝2018出場校と順位予想

 

スポンサーリンク