2018年12月2日に第72回福岡国際マラソンが行われます。

スタート時間は12時10分、テレビ放送はテレビ朝日です。

 

この記事では福岡国際マラソン2018の招待選手一覧、一般参加の注目選手、順位やMGC獲得予想についてかいています。

 

スポンサーリンク

福岡国際マラソン2018招待選手一覧

海外招待選手

1.ギルメイ・ゲブラスラシエ(エリトリア)

自己ベスト 2:07:46

 

2.イエマネ・ツェガエ(エチオピア)

自己ベスト 2:04:48

 

3.ビンセント・キプルト(ケニア)

自己ベスト 2:05:13

 

4.アマヌエル・メセル(エリトリア)

自己ベスト 2:08:17

 

5.カルム・ホーキンス(イギリス)

自己ベスト 2:10:17

※11月27日追記

右ハムストリングの故障のため欠場

 

6.ジェフリー・エグルストン(アメリカ)

自己ベスト 2:10:52

国内招待選手

21.設楽悠太(Honda)

自己ベスト 2:06:11

 

22.野口拓也(コニカミノルタ)

自己ベスト 2:08:59

 

23.川内優輝(埼玉県庁)

自己ベスト 2:08:14

 

24.中本健太郎(安川電機)

自己ベスト 2:08:35

 

25.園田隼(黒崎播磨)

自己ベスト 2:09:34

 

26.荻野皓平(富士通)

自己ベスト 2:09:36

 

27.服部勇馬(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:09:46

 

28.福田穣(西鉄)

自己ベスト 2:09:52

 

29.竹ノ内佳樹(NTT西日本)

自己ベスト 2:10:01

 

30.佐々木悟(旭化成)

自己ベスト 2:08:56

一般参加の注目選手

61.田中飛鳥(ひらまつ病院)

自己ベスト 2:10:13

 

62.山岸宏貴(GMOアスリーツ)

自己ベスト 2:10:14

 

63.神野大地(東京陸協)

自己ベスト 2:10:18

 

64.橋本崚(GMOアスリーツ)

自己ベスト 2:10:19

 

66.濱崎達規(なんじぃAC)

自己ベスト 2:11:26

 

67.髙久龍(ヤクルト)

自己ベスト 2:11:45

 

68.ポール・クイラ(コニカミノルタ)

自己ベスト 2:11:58

 

69.深津卓也(旭化成)

自己ベスト 2:09:31

 

74.丸山文裕(旭化成)

自己ベスト 2:09:39

 

80.市田宏(旭化成)

自己ベスト 2:14:42

 

82.市田孝(旭化成)

自己ベスト 2:15:09

 

84.宇賀地強(コニカミノルタ)

自己ベスト 2:10:50

 

98.窪田忍(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:15:48

 

170.文元慧(カネボウ)

自己ベスト 1:03:56(ハーフ)

 

スポンサーリンク

MGC獲得者とワイルドカード条件

すでにMGCを獲得している選手

設楽悠太、川内優輝、中本健太郎、園田隼、竹ノ内佳樹

 

ワイルドカード条件(2時間10分以内のみ)

2:12:24 荻野皓平 

2:12:08 福田穣

2:11:47 田中飛鳥

2:11:46 山岸宏貴

2:11:45 野口拓也

2:11:42 神野大地

2:11:34 服部勇馬

2:10:34 濱崎達規

2:10:15 高久龍 

 

福岡国際マラソンのMGC獲得条件

※順位には外国人選手、すでにMGCの出場権を獲得した選手を含まない

1~3位 2時間11分以内

4~6位 2時間10分以内

福岡国際マラソン2018予想

優勝候補は日本人では設楽悠太選手、外国人選手ではキプルト選手とホーキンス選手です。

 

設楽悠太選手は東京マラソン2018の後、骨折をしてしまいましたが、記録会や上尾ハーフマラソンで良い結果が出ていますので期待できます。

東京マラソン2018結果

 

キプルト選手はベルリンマラソン2017で設楽悠太選手の自己ベストとほぼ同じタイムで走っています。

ベルリンマラソン2017結果

 

ホーキンス選手は自己ベストは遅いんですが、ロンドン世界陸上男子マラソンで4位に入っています。

前回のモーエン選手のように大幅な自己ベスト更新もありえます。

ロンドン世界陸上2017男子マラソン結果

福岡国際マラソン2017結果

 

ゲブラスラシエ選手とツェガエ選手は最近2年間で結果が出ていませんが、実力がある選手です。

 

日本人選手は他にも有力選手が多数エントリーしています。

旭化成は全力でMGCの出場権を獲りにきている感じです。

このまま0人で終わるわけにはいきませんからね。

 

設楽悠太選手の実力が抜けていますが、日本人2位争いは10人以上可能性があると思います。

神野大地選手や川内優輝選手は上尾ハーフマラソンで良い結果を出しました。

他にもニューイヤー駅伝予選で好走した選手が多数います。

 

サブテンランナーを数えたら11人もいました。

これは今までの中で一番多いでしょう。

MGC獲得者は6人以上出るんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク