2017年12月30日に第12回全日本大学女子選抜駅伝競走大会(富士山女子駅伝)が行われました。

 

この記事では富士山女子駅伝2017の総合順位一覧と区間賞・感想について書いています。

 

スポンサーリンク

富士山女子駅伝2017結果速報

総合順位・タイム

優勝 2:23:46 立命館大学

2位 2:25:30 東京農業大学

3位 2:25:38 名城大学

4位 2:26:38 大東文化大学

5位 2:26:56 日本体育大学

6位 2:27:18 大阪学院大学

7位 2:27:42 京都産業大学

8位 2:27:48 佛教大学

9位 2:28:19 松山大学

10位 2:28:23 福岡大学

11位 2:28:27 城西大学

12位 2:28:51 白鷗大学

13位 2:29:14 大阪芸術大学

14位 2:29:19 玉川大学

15位 2:29:54 東洋大学

16位 2:30:05 関西外国語大学

17位 2:31:06 東北福祉大学

18位 2:32:08 西日本選抜

19位 2:32:30 東日本選抜

20位 2:32:54 関西大学

OP 2:34:53 静岡県浙江省学生選抜

区間賞

1区 上田未奈(城西大学)

2区 佐藤成葉(立命館大学)

3区 田中綾乃(立命館大学)

4区 小汲(オグミ)紋加(玉川大学)

5区 関谷夏希(大東文化大学)

6区 赤坂よもぎ(名城大学)

7区 真部亜樹(立命館大学)

 

スポンサーリンク

大学別感想

立命館大学

予想順位 2位

結果順位 優勝

区間順位 14-1-1-2-8-2-1

 

今回の優勝で5連覇となりました。

ほとんど予想通りでしたが、7区の真部亜樹選手が速かったです。

4年生は6区の和田優香里選手だけなので、6連覇も十分にありえます。

東京農業大学

予想順位 8位

結果順位 2位

区間順位 4-3-5-4-4-12-3

 

主力3選手(佐藤有希・棟久由貴・清水萌衣乃)以外の選手が力をつけてきているなと感じました。

4年生は3区の皆川早紀選手だけなので、次回も上位が期待できます。

名城大学

予想順位 優勝

結果順位 3位

区間順位 6-5-12-15-3-1-7

 

4区の当日変更が総合成績に大きく影響してしまいました。

5区と7区は序盤に突っ込んで入ったのが、最後まで持ちませんでした。

赤坂よもぎ選手が抜けますが、長野東高校の和田有菜選手が入部予定なので、来年度も強そうです。

大東文化大学

予想順位 3位

結果順位 4位

区間順位 3-7-3-8-1-3-17

 

不安だった1区でいい位置につけたので、優勝もあるかと思いましたが、アンカーの谷萩史歩選手の走りが良くなかったです。

4年生は谷萩選手だけなので、来年度も優勝争いができそうです。

日本体育大学

予想順位 7位

結果順位 5位

区間順位 16-2-15-9-9-14-6

 

2区を走った1年生の工藤杏華選手は次の駅伝では注目したいです。

次回はエース区間の5区を走るかもしれません。

大阪学院大学

予想順位 6位

結果順位 6位

区間順位 5-12-9-10-5-17-7

 

予想順位と同じ結果順位でした。

エースの清水真帆選手が卒業するので、来年度の全日本大学女子駅伝ではシード権を落とすかもしれません。

京都産業大学

予想順位 5位

結果順位 7位

区間順位 2-17-20-19-2-4-5

 

2~4区の成績が良くなかったです。

しかし、5区の棚池穂乃香選手が悪い流れを見事に変えました。

前回区間賞で、今回2位なので、すばらしい成績です。

佛教大学

予想順位 11位以下

結果順位 8位

区間順位 7-10-8-3-12-6-10

 

全日本大学女子駅伝では予選敗退となりましたが、富士山女子駅伝は良い成績でした。

特に1区・4区・6区の1年生3人が区間上位の好走でした。

松山大学

予想順位 4位

結果順位 9位

区間順位 11-8-2-10-14-5-15

 

全日本大学女子駅伝に続いて残念な結果となりました。

緒方美咲選手は区間8位では全然満足できてないでしょう。

次の注目レースの紹介

2018年1月1日 ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝2018予想と出場チーム一覧!優勝候補と注目選手は?

 

2018年1月2・3日 箱根駅伝

箱根駅伝2018区間エントリー後の直前順位予想!当日変更や往路予想も

 

スポンサーリンク