2017年8月12日から男子4×100mリレーが行われました。

 

男子4×100mリレーの日本代表選手は多田修平選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手、サニブラウン・ハキーム選手、藤光謙司選手です。

 

この記事ではロンドン世界陸上男子4×100mリレーの結果速報を順位一覧ができるようにまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上男子4×100mリレー結果速報

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:3着+2

1組(日本)

  タイム   国名
1 37.70 Q アメリカ
2 37.76 Q イギリス
3 38.21 Q 日本
4 38.44 q トルコ
5 38.61   トリニダード・トバゴ
6 38.66   オランダ
7 38.88   オーストラリア
8 39.19   バルバドス

2組

  タイム   国名
1 37.95 Q ジャマイカ
2 38.03 Q フランス
3 38.20 Q 中国
4 38.48 q カナダ
5 38.66   ドイツ
6 39.01   キューバ
7 失格   バハマ
8 欠場   アンティグア・バーブーダ

 

 

日本のメンバーと走順は多田修平選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手でした。

 

サニブラウン選手はハムストリングを痛めたので、出場しませんでいた。

 

予選はバトンパスで時間がかかってしまい、タイムはそんなに良くなかったです。

 

しかし、3着で決勝に進出できましたので、上手く修正して欲しいです。

 

決勝のメンバーと走順は予選と同じだと思います。

 

アメリカとジャマイカは1位通過でした。

 

バトンミスがなければ、アメリカとジャマイカの金メダル争いになるでしょう。

 

日本は何とか銅メダルを獲れるかというところです。

 

個人種目で成績が良くなかったので、難しそうに思ってしまいますが、頑張って欲しいです。

 

※追記

決勝のメンバーと走順は多田修平選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、藤光謙司選手になりそうです。ケンブリッジ飛鳥選手は調子が良くないようです。

 

スポンサーリンク

決勝

  タイム 国名
1 37.47 イギリス
2 37.52 アメリカ
3 38.04 日本
4 38.34 中国
5 38.48 フランス
6 38.59 カナダ
7 38.73 トルコ
  途中棄権 ジャマイカ

 

日本はスタートから順調で銅メダルを獲得しました。

 

今回の決勝のタイムを見てみると、アメリカのメンバーでも37秒52なんですね。

 

リオオリンピック決勝の日本のタイムは37秒60でした。

 

相手のバトンミスが無くても、普通に金メダルが狙えるんじゃないかと思いました。

 

ケンブリッジ飛鳥選手の代わりに走った藤光謙司選手は速かったです。

 

日本は層が厚くなりましたね。

 

金メダルを獲得したイギリスはバトンの練習をしていたようで速かったです。

 

アメリカはバトンでのロスが大きかったでしょうか?個人の走力はかなり高いんですけどね。

 

ジャマイカはアンカーのウサイン・ボルト選手が脚を痛めてしまい、途中棄権となりました。

 

順調に走れていれば、おもしろい優勝争いになっていたと思います。

 

ボルト選手がバトンをもらった時は3番くらいでした。

 

スポンサーリンク

 

4×400m(マイル)リレー結果

ロンドン世界陸上2017全競技日程

日本人選手の結果速報一覧