2017年8月5日4時20分からロンドン世界陸上男子100mの予選が始まりました。

 

男子100mには日本から、サニブラウン・ハキーム選手、多田修平選手、ケンブリッジ飛鳥選手が出場しています。

 

この記事ではロンドン世界陸上男子100mの結果速報をまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上男子100m結果速報

※Qは着順通過、qは記録通過

予選

通過条件:3着+6

1組

  タイム   選手名 国名
1 10.01 Q C.コールマン アメリカ
2 10.13 Q J.A.ハーベイ トルコ
3 10.21 Q C.グリーン アンティグア・バーブーダ
4 10.24 q E.マタディ リベリア
5 10.24   R.ギテンス バルバドス
6 10.25   J.レウス ドイツ
7 10.30   S.ギバンス ジャマイカ
8 10.75   J.T.バタンボク カメルーン

2組(サニブラウン・ハキーム)

  タイム   選手名 国名
1 10.05 Q サニブラウン・A ハキーム 日本
2 10.13 Q Y.ブレイク ジャマイカ
3 10.13 Q 謝 震業 中国
4 10.22 q E.Z.バーンズ トルコ
5 10.25   E.カランダー トリニダードトバゴ
6 10.25   J.ボルコ スロバキア
7 10.41   D.リマ ポルトガル
8 10.72   A.K.リファイン コモロ

3組

  タイム   選手名 国名
1 9.99 Q J.フォート ジャマイカ
2 10.02 Q B.Y.メイテ コートジボワール
3 10.03 Q R.プリスコッド イギリス
4 10.15 q A.シンビネ 南アフリカ
5 10.24 q A.ウィルソン スイス
6 10.42   M.バーク バルバドス
7 10.45   H.サーイド モルディブ
  欠場   A.ド グラス カナダ

4組(ケンブリッジ飛鳥)

  タイム   選手名 国名
1 10.03 Q 蘇 炳添 中国
2 10.07 Q C.ウジャ イギリス
3 10.13 Q C.ベルチャー アメリカ
4 10.21 q ケンブリッジ飛鳥 日本
5 10.31   J.ミラー ニュージーランド
6 10.37   M.O.オディアンボ ケニア
7 10.52   J.ドッドソン サモア
  失格   M.レハタ レソト

5組

  タイム   選手名 国名
1 10.05 Q J.ガトリン アメリカ
2 10.19 Q A.フィッシャー バーレーン
3 10.24 Q キム クキョン 韓国
4 10.26   K.ブレッドマン トリニダードトバゴ
5 10.29   G.スメリー カナダ
6 10.31   A.A.ムハンマド サウジアラビア
  失格   T.ロト 南アフリカ
  欠場   C.ウォルシュ アンティグア・バーブーダ

6組(多田修平)

  タイム   選手名 国名
1 10.07 Q U.ボルト ジャマイカ
2 10.13 Q J.ダサオル イギリス
3 10.15 Q J.ビコ フランス
4 10.19 q 多田修平 日本
5 10.34   H.タフティアン イラン
6 10.36   B.ロドニー カナダ
7 10.42   W.フラサー バハマ
8 10.51   D.パロメケ コロンビア

 

日本人選手が3人全員、予選を通過できました。

 

サニブラウン選手は準決勝で9秒台が出るかもしれません。調子が良さそうです。

 

ケンブリッジ選手と多田選手も自己ベストを期待したいです。

 

男子100m準決勝は8月6日3時5分からです。

ロンドン世界陸上2017全競技日程

 

スポンサーリンク

準決勝

通過条件:2着+2

1組(ケンブリッジ飛鳥)

  タイム   選手名 国名
1 10.05 Q A.シンビネ 南アフリカ
2 10.09 Q J.ガトリン アメリカ
3 10.12   B.Y.メイテ コートジボワール
4 10.13   J.フォート ジャマイカ
5 10.22   J.ダサオル イギリス
6 10.25   ケンブリッジ 飛鳥 日本
7 10.28   謝 震業 中国
8 10.40   キム クキョン 韓国

2組(サニブラウン・ハキーム)

  タイム   選手名 国名
1 10.04 Q Y.ブレイク ジャマイカ
2 10.05 Q R.プリスコッド イギリス
3 10.10 q 蘇 炳添 中国
4 10.16   J.A.ハーベイ トルコ
5 10.20   C.ベルチャー アメリカ
6 10.20   E.マタディ リベリア
7 10.28   サニブラウン・A ハキーム 日本
8 10.30   A.ウィルソン スイス

3組(多田修平)

  タイム   選手名 国名
1 9.97 Q C.コールマン アメリカ
2 9.98 Q U.ボルト ジャマイカ
3 10.09 q J.ビコ フランス
4 10.12   C.ウジャ イギリス
5 10.26   多田 修平 日本
6 10.27   E.Z.バーンズ トルコ
7 10.36   A.フィッシャー バーレーン
8 10.64   C.グリーン アンティグア・バーブーダ

 

準決勝では3人とも、予選よりタイムを落としてしまいました。

 

ケンブリッジ飛鳥選手はスタートは悪くなかったんですが、伸びなかったです。

 

サニブラウン・ハキーム選手はスタート直後にバランスを崩してしまい、出遅れてしまいました。

 

多田修平選手はスタートは良かったんですが、後半が全然伸びなかったです。

 

何とかリレーまでに修正して欲しいです。

 

優勝争いは面白くなりました。

 

コールマン選手、ボルト選手、ブレイク選手のメダル争いになりそうです。

決勝

  タイム 選手名 国名
1 9.92 J.ガトリン アメリカ
2 9.94 C.コールマン アメリカ
3 9.95 U.ボルト ジャマイカ
4 9.99 Y.ブレイク ジャマイカ
5 10.01 A.シンビネ 南アフリカ
6 10.08 J.ビコ フランス
7 10.17 R.プリスコッド イギリス
8 10.27 蘇 炳添 中国

 

大接戦となりましたが、金メダルはジャスティン・ガトリン選手でした。ラストが速かったです。

 

クリスチャン・コールマン選手は惜しかったです。若い選手なので、これからが楽しみです。

 

ウサイン・ボルト選手はいつもの伸びがなかったです。200mは走らないので、後は4×100mリレーだけです。

 

スポンサーリンク