2017年8月5日5時20分にロンドン世界陸上男子10000mが行われました。

 

男子10000mには日本の実業団に所属しているポール・タヌイ選手(九電工)とビダン・カロキ選手(DeNA)が出場しました。

 

残念ながら日本人選手は出場していません。

 

この記事では男子10000mの結果速報をまとめています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上男子10000m結果速報

  タイム 選手名 国名
1 26:49.51 M.ファラー イギリス
2 26:49.94 J.K.チェプテゲイ ウガンダ
3 26:50.60 P.K.タヌイ ケニア
4 26:52.12 B.カロキ ケニア
5 26:56.11 J.イマー エチオピア
6 26:57.77 G.K.カムウォロレ ケニア
7 26:59.19 A.ハディス エチオピア
8 27:02.35 M.アーメド カナダ
9 27:07.55 S.キプチルチル アメリカ
10 27:08.94 A.ベリフ エチオピア
11 27:09.92 A.キフレ エリトリア
12 27:11.08 A.N.チェロベン バーレーン
13 27:20.18 L.E.コリル アメリカ
14 27:21.09 T.トロイティッチ ウガンダ
15 27:32.49 H.ミード アメリカ
16 27:48.59 Z.ロバートソン ニュージーランド
17 27:49.62 H.テウェルデ エリトリア
18 27:50.71 M.M.クロン ウガンダ
19 28:09.98 O.ヌジクウィクンダ ブルンジ
20 28:14.67 S.モコカ 南アフリカ
21 28:50.72 B.ピエドラ エクアドル
22 29:23.72 P.ティアーナン オーストラリア
  途中棄権 P.K.アリカン トルコ
  途中棄権 N.アムロソム エリトリア

 

初めの1kmを2分40秒で入り、その後も1km2分45秒を切るハイペースのレースとなりました。

 

ラストに強いモハメド・ファラー選手対策として、他国の選手たちが協力して引っ張っていました。

 

しかし、ファラー選手は余裕で付いていき、ラストスパートできる力が残っていました。

 

圧倒的な強さでした。

 

ファラー選手は途中でトラックの内側に入ってしまいましたが、他の競技者に押されて出てしまった場合は、失格とはなりません。

 

トラック競技は接触することがよくありますからね。

 

ファラー選手はロンドン世界陸上でトラック競技を引退して、マラソンに挑戦するらしいです。

 

ファラー選手は男子5000mにも出場予定です。

 

男子5000m予選は8月10日4時5分からです。

ロンドン世界陸上2017全競技日程

 

日本に所属しているタヌイ選手とカロキ選手もいい走りでした。

 

タヌイ選手はリオオリンピックでは銀メダルを獲得していて、ロンドン世界陸上では銅メダルでした。

 

カロキ選手は自己ベストでした。まだまだ記録が伸びそうです。

 

スポンサーリンク

 

女子10000mの結果はこちら