2016年1月2日、3日に行われる

第92回箱根駅伝の

駒澤大学区間エントリー

予想をしていきます。

 

※注意事項

区間エントリー予想に

自信度を5段階で表示しています。

5が最高で1が最低です。

 

ケガなどの情報があれば

随時更新していきます。

 

以上をご確認の上、

先にお進みください。

 

スポンサーリンク

 

駒澤大学区間エントリー予想

往路

区間 氏名 学年 自信度
1区 中谷 圭佑 3年
2区 馬場 翔大 4年
3区 工藤 有生 2年
4区 高本 真樹 2年
5区 大塚 祥平 3年

 

復路

区間 氏名 学年 自信度
6区 下 史典 1年
7区 西山 雄介 3年
8区 紺野 凌矢 2年
9区 其田 健也 4年
10区 小山 裕太 4年

 

区間エントリー予想の理由

1区は確実に区間賞争いができる

中谷選手で安定でしょう。

 

5区は大塚、馬場の2択です。

大塚選手は十和田八幡平駅伝で

山登り区間で好タイムを出したので、

5区にエントリーされると予想します。

 

馬場選手がどこになるかですが、

2区か9区になるでしょう。

 

3区は安定して実績を残している

工藤選手だと思います。

 

6区は誰にするか迷ったのですが、

1年生を走らせてみて

上手くいけば千葉健太選手のように

4年連続で使えるので、

下選手がおもしろいと思いました。

 

7区は前回好走した

西山選手で決まりでしょう。

 

8区予想の紺野選手は

1番エントリーから外れそうな選手です。

調子のいい人と変更されるかもしれません。

 

9区は安心して任せられる其田選手です。

 

10区は最近記録を更新している

小山選手だと予想します。

 
 

スポンサーリンク

 

駒澤大学の展開予想

往路

1区の中谷選手は区間賞は難しく、

トップから10秒差以内

 

2区で少し離されて5位くらい

 

3区で3位、4区で4位とつなぐ

 

4区終了時点で

トップ争いしている青山学院大学と

東洋大学とは2分くらいの差

 

5区の大塚選手で

2位の東洋大学が見える位置まで

追い上げて3位フィニッシュ

 

復路

復路は6区から

東洋大学と激しい2位争いに

なると思います。

 

わずかに駒澤大学の方が有利で

2位フィニッシュと予想します。

 

まとめ

駒澤大学の見所は

5区の大塚選手が

どれだけのタイムで走れるかです。

 

神野選手と同じくらいのタイムで

走れるようなら優勝は十分に狙えます。

 

残り9区間だけを考えても

青山学院大学の方が有利ですが、

おもしろくさせてくれるでしょう。

 

個人的に1区中谷選手の

作戦に注目しています。

 

全日本では余力がない状態で

一か八かでスパートした感じだったので、

箱根ではどんな走りを

見せてくれるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

箱根駅伝予想記事はこちらから

箱根駅伝2016順位予想!優勝候補と注目選手は?