ニューイヤー駅伝2022結果

2022年1月1日に第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)が行われました。

この記事では総合順位・総合タイム・区間賞をまとめています。

区間ごと・上位チームの感想についても書いています。

 

ニューイヤー駅伝2021結果

総合順位・タイム

()内の数字は予想順位

 

優勝 4:51:04 Honda(3)

2位 4:52:09 SUBARU(12)

3位 4:52:47 旭化成(1)

4位 4:52:49 三菱重工(6)

5位 4:54:08 トヨタ自動車(4)

6位 4:54:50 黒崎播磨(17)

7位 4:54:52 SGホールディングス(8)

8位 4:54:53 トヨタ自動車九州(11)

9位 4:54:58 GMOインターネットグループ(5)

10位 4:55:05 日立物流(7)

11位 4:55:19 トヨタ紡織(13)

12位 4:56:36 富士通(2)

13位 4:56:43 ヤクルト(10)

14位 4:56:45 マツダ(14)

15位 4:57:03 NTT西日本(21)

16位 4:58:02 中国電力(22)

17位 4:58:04 中電工(24)

18位 4:58:06 トーエネック(25)

19位 4:58:07 JR東日本(20)

20位 4:59:14 NTN(27)

21位 4:59:15 コニカミノルタ(15)

22位 4:59:26 愛三工業(19)

23位 4:59:29 住友電工(16)

24位 4:59:37 カネボウ(18)

25位 5:00:14 安川電機(23)

26位 5:00:40 小森コーポレーション(28)

27位 5:00:43 九電工(9)

28位 5:01:18 大塚製薬(31)

29位 5:01:20 中央発條(32)

30位 5:01:27 サンベルクス(30)

31位 5:01:35 YKK(34)

32位 5:01:53 戸上電機製作所(35)

33位 5:03:33 コモディイイダ(33)

34位 5:04:19 大阪府警(36)

35位 5:04:24 西鉄(29)

36位 5:06:36 JFEスチール(26)

37位 5:28:17 武田薬品(37)

 

最終順位予想記事

区間賞

1区 舟津彰馬(九電工)

2区 キプランガット・ベンソン(SUBARU)

3区 相澤晃(旭化成)

4区 細谷恭平(黒崎播磨)

5区 小野知大(旭化成)

6区 中山顕(Honda)

7区 土方英和(Honda)

 

区間ごとの感想

1区

茂木圭次郎選手がずっと引っ張る展開でした。

終盤で森山真伍選手が仕掛けて、ラスト勝負で舟津彰馬選手が逆転しました。

舟津選手は前回1区28位でしたが、今回は素晴らしい走りでした。

 

2区

気温が低かった影響なのか、成績が悪かった外国人選手が多かったです。

新しく入ってきたキプランガット・ベンソン選手が区間賞を獲得しました。

河村一輝選手と遠藤日向選手は日本人最高タイムを更新しました。

 

3区

良い追い風が吹いていて、7人が区間新記録を出しました。

追い風+下り坂コースでも10km通過が26分台は凄いです。

 

4区

4区も良い追い風が吹いていて、前半は10人以上が区間新記録ペースでした。

最終的に細谷恭平選手と古賀淳紫選手が区間新記録でした。

優勝候補だった旭化成と富士通は大きく遅れました。

 

5区

強い向かい風が吹いていました。

区間上位トップ3は総合順位トップ3のチームの選手が独占しています。

 

6区

6区で区間賞を獲得したチームが9年連続で優勝していました。

今回も当てはまったので、10年連続になりました。

前回もそうでしたが、5区6区で区間上位に入ったチームが総合順位トップ3になっています。

 

7区

2位スタートの口町亮選手が前半は差を詰めましたが、追いつく前に離されてしまいました。

トップの土方英和選手が落ち着いていて良かったと思います。

 

上位チームの感想

優勝 Honda

予想順位 3位

 

初優勝でした。

1区で少し遅れて、2区も予想以上に遅れました。

優勝は難しくなったかと思いましたが、3区からが強すぎました。

若いチームですが、最近は良い選手を連続で獲得していました。

いつ優勝してもおかしくないチームでしたが、ついに優勝できました。

2位 SUBARU

予想順位 12位

 

1区で好位置につけて、2区のキプランガット・ベンソン選手が区間賞でトップまでいきました。

新加入の選手で駅伝は初めてでした。

たすきのかけ方や渡し方が分からなかったので、練習したようです。

3区以降も上手くつなぎました。

照井明人選手の加入も大きかったですね。

前回は予選敗退でしたが、今回は過去最高順位でのゴールでした。

3位  旭化成

予想順位 優勝

 

3区までは良かったんですが、4区の市田孝選手が1分くらい遅かったです。

6区と7区も予想より遅かったです。

3区の相澤晃選手は最近の成績が少し悪かったので、区間賞予想はしなかったんですが、区間新記録の素晴らしい走りでした。

これはトラックのタイムも期待できます。

注目していた小野知大選手も区間賞でした。

まだまだ伸びる選手だと思っています。

4位 三菱重工

予想順位 6位

 

全体的に良い駅伝だったと思います。

3区の林田洋翔選手は区間3位で、予想以上の好走でした。

今年はトラックで27分40秒切ってくるんじゃないでしょうか。

井上大仁選手は今回も好走でした。

東京マラソンも楽しみです。

5位 トヨタ自動車

予想順位 4位

 

ビダン・カロキ選手が欠場でしたが、4区までは良かったです。

5区の服部勇馬選手が大きく遅れてしまいました。

今シーズン好調の太田智樹選手は3区2位の好走でした。

次回は4区で見たいです。

 

6位 黒崎播磨

予想順位 17位

 

55年ぶりの入賞でした。

1区は28位でしたが、3~5区が強すぎました。

田村友佑選手は前回3区20位でしたが、今回は3区4位でした。

細谷恭平選手は前回4区4位で、今回4区区間賞という素晴らしい成績です。

最近は必ず好走しています。

力がついているので、マラソンで2時間5分台・4分台が期待できます。

7位 SGホールディングス

予想順位 8位

 

22年ぶりの入賞でした。

今シーズン好調の1区湯澤舜選手は遅れてしまいました。

6区終了時点で11位でしたが、7区の三上嵩斗選手が粘り強い走りで、区間2位の好走でした。

絶対に入賞するという強い気持ちを感じる走りでした。

8位 トヨタ自動車九州

予想順位 11位

 

3区終了時点では20位でしたが、4区から強かったです。

藤曲寛人選手は4区3位でした。

井上大仁選手と同タイムなので、力が付いてきています。

9位 GMOインターネットグループ

予想順位 5位

 

前回と同じ順位で同じタイムでした。

2区のロノ選手と3区の下田裕太選手が良くなかったです。

ロノ選手は初駅伝で、情報が無さすぎる選手なので、これから注目したいです。

10位 日立物流

予想順位 7位

 

リチャード・キムニャン選手がまさかの区間15位でした。

永戸聖選手は前回1区6位、今回1区5位なので素晴らしいです。

2年連続の入賞までもう少しでした。

 

明日の箱根駅伝の最終順位予想記事