この記事では2019年7月17日に行われた北見ホクレンディスタンスチャレンジの注目選手の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

北見ホクレンディスタンスチャレンジ2019結果

女子3000mB

9:15:01 ゼイトナ・フーサン(デンソー)

9:15:96 佐藤早也伽(積水化学)※自己ベスト

9:19.13 西原加純(ヤマダ電機)

 

佐藤早也伽選手は自己ベスト更新ですが、5000mの自己ベストが15分27秒47なので、まだ10秒以上は更新できると思います。

女子3000mPrj-N(日本陸連強化特別レース)

8:48.38 田中希実(豊田自動織機TC)※日本歴代3位

8:49.19 ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)

8:57.04 木村友香(資生堂)

9:00.78 鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)

9:05.34 福田有以(豊田自動織機)※自己ベスト

9:05.72 萩谷楓(エディオン)※自己ベスト

9:07.00 山ノ内みなみ(京セラ)

9:08.02 後藤夢(豊田自動織機TC)※自己ベスト

9:13.67 小笠原朱里(デンソー)

 

田中希実選手が周回数を勘違いしていて早めにスパートしてしまいましたが、日本歴代3位の好記録でした。

木村友香選手と鍋島莉奈選手相手に圧倒的な強さでした。

17年以上更新されていない日本記録の更新もできそうです。

 

日本選手権の1500m3位の萩谷楓選手、5位の後藤夢選手、6位の福田有以選手も自己ベスト更新です。

女子5000mA

15:08.77 カマウ・タビタ(三井住友海上)※自己ベスト

15:17.13 メリー・シプコ(日立)※自己ベスト

15:20.50 キプケモイ・ジョアン(九電工)※自己ベスト

15:24.80 マータ・モカヤ(キヤノンAC九州)

15:47.02 矢野栞理(キヤノンAC九州)

15:48.21 萩原歩美(豊田自動織機)

15:48.88 松田杏奈(京セラ)※自己ベスト

15:50.46 長谷川詩乃(ワコール)

15:52.25 堀優花(パナソニック)

15:58.28 加藤岬(九電工)

16:00.20 大同美空(岩谷産業)

 

高校駅伝で優勝した神村学園から三井住友海上に所属しているカマウ・タビタ選手が良いタイムを出しています。

 

持ちタイムの良い矢野栞理選手と萩原歩美選手が日本人ワンツーです。

この2人だと満足いってないタイムかもしれません。

 

松田杏奈選手は士別大会に続いて連続で自己ベストを更新しました。

 

スポンサーリンク

男子3000m

7:58.39 秦将吾(大塚製薬)※自己ベスト

8:04.18 物江雄利(カネボウ)

8:05.50 中谷雄飛(早稲田大学)※自己ベスト

8:06.72 今﨑俊樹(大阪ガス)※自己ベスト

8:07.34 才記壮人(YKK)※自己ベスト

8:09.20 竹内大地(トーエネック)

8:09.76 千明龍之佑(早稲田大学)※自己ベスト

 

秦将吾選手がこの組で圧倒的な強さで8分を切ってきました。

千歳大会の5000m、深川大会の1500mでも良いタイムを出していました。

 

早稲田大学の中谷雄飛選手と千明龍之佑選手も自己ベスト更新で、良いたいむだと思います。

男子5000mD

14:29.98 川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)

 

士別大会より少し速いタイムでしたが、スピード強化が必要なようです。

男子5000mB

13:46.76 長谷川柊(専修大学)※自己ベスト

13:49.33 吉田圭太(青山学院大学)※自己ベスト

13:57.38 藤原直樹(山陽特殊製鋼)※自己ベスト

13:57.79 藤原滋記(SUBARU)※自己ベスト

 

長谷川柊選手が約10秒の自己ベスト更新です。

全日本大学駅伝予選会でも4組日本人トップと好成績でした。

 

吉田圭太選手は高校2年生に出した自己ベストを更新しました。

最近は安定して好走しているので、3大駅伝も楽しみです。

男子5000mA

13:25.07 サイディム・サイモン・ムシオ(中央発條)※自己ベスト

13:27.16 アモス・クルガト(中電工)※自己ベスト

13:30.57 ローレンス・グレ(札幌学院大学)※自己ベスト

13:33.74 キムタイ・ウェスリー(中国電力)※自己ベスト

13:35.07 市田孝(旭化成)

13:50.82 矢野圭吾(カネボウ)※自己ベスト

13:57.92 文元慧(カネボウ)

13:58.74 坂東剛(大阪ガス)

13:59.49 森田歩希(GMOアスリーツ)

 

市田孝選手が自己ベストに近いタイムで走っています。

今シーズンは5000mと10000mで安定して結果を出しています。

 

矢野圭吾選手は日清食品からカネボウに移籍しましたが、上手くいっているようで良かったです。

 

スポンサーリンク