2019年3月10日に名古屋ウィメンズマラソンが行われました。

コンディションが良かったおかげで、MGCファイナリストが5人増えました。

この記事では上位に入った選手と注目選手の結果、MGC獲得選手、レースの感想について書いています。

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2019結果速報

優勝 2:22:25 ヘラリア・ジョハネス(ナミビア)

2位 2:22:58 ビシリン・ジェプケショ (ケニア)

3位 2:23:01 バラリー・ジェメリ(ケニア)

4位 2:23:33 メセレト・デファー(エチオピア)

5位 2:23:52 岩出玲亜(アンダーアーマー)

6位 2:23:59 モニカ・ジェプコエチ(ケニア)

7位 2:24:00 サラ・ドッセーナ(イタリア)

8位 2:24:09 福士加代子(ワコール)

9位 2:24:19 上原美幸(第一生命グループ)

10位 2:25:25 前田彩里(ダイハツ)

11位 2:25:28 谷本観月(天満屋)

12位 2:26:07 池満綾乃(鹿児島銀行)

16位 2:28:02 上杉真穂(スターツ)

17位 2:29:12 竹地志帆(ヤマダ電機)

18位 2:29:27 細田あい(ダイハツ)

19位 2:30:44 石井寿美(ヤマダ電機)

21位 2:32:01 堀江美里(ノーリツ)

22位 2:32:22 松田杏奈(京セラ)

26位 2:33:34 下門美春(埼玉陸協)

31位 2:34:49 吉冨博子(メモリード)

33位 2:34:57 藤本彩夏(京セラ)

34位 2:34:59 阿部有香里(しまむら)

39位 2:38:30 沼田未知(豊田自動織機)

40位 2:38:49 床呂沙紀(京セラ)

 

途中棄権

吉田香織(TeamR×L)

新たなMGC獲得者について

MGCの獲得条件

日本人1~3位 2時間28分以内

日本人4~6位 2時間27分以内

※MGC出場資格保持者は順位に含まない

 

今回出場しているMGC出場資格保持者

岩出玲亜

 

今回MGCの出場権を獲得した選手

福士加代子、上原美幸、前田彩里、谷本観月、池満綾乃

 

MGCについてはこちらの記事にまとめています。

東京オリンピック2020マラソン代表選手選考方針の詳細と感想

 

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2019の展開と感想

気温がちょうどよくて良いコンディションの中でのスタートとなりました。

ペースメーカーは5km17分ペースで30kmまで。

 

30kmの時点で先頭集団は10人でした。

日本人選手は岩出玲亜、福士加代子、上原美幸の3選手。

 

30kmからジェプケショ選手とジェメリ選手が抜け出しましたが、ジョハネス選手が少しずつ追い上げていって、逆転優勝となりました。

ジョハネス選手は38歳ですが、大幅に自己ベストを更新しました。

 

ジョハネス選手の優勝は素晴しかったのですが、なぜか優勝インタビューがありませんでした。

優勝インタビューは放送してほしかったです。

 

日本人トップは岩出玲亜選手でした。

積極的に前の方で走っていて、最後まで粘り強く走っていました。

 

コンディションの良さが幸いして、MGCの出場権獲得者が5人いました。

福士加代子選手は大阪国際女子マラソンの転倒の影響を感じさせない素晴らしい調整でした。

上原美幸選手は30km前までは常に集団の前で走っていて、30kmを過ぎてからもペースが少ししか落ちませんでした。

 

前田彩里選手はケガからの復帰で万全の状態ではなかったと思いますが、第2集団でペースを守っていました。

谷本観月選手は途中で転倒がありましたが、冷静に立て直していたのが良かったです。

池満綾乃選手は粘り強く走って、大幅に自己ベストを更新しました。

 

MGCの出場権は獲得できませんでしたが、初マラソンの細田あい選手は2時間30分を切って、次が楽しみな結果でした。

 

MGCの出場権獲得者は全員で14人となりました。

ロンドンマラソンで一山麻緒選手が獲得すれば15人になり、結果的に想定通りの人数になったと思います。

 

スポンサーリンク