2018年11月3日に第59回東日本実業団対抗駅伝競走大会が行われます。

東日本実業団駅伝はニューイヤー駅伝の予選会となっています。

 

この記事では東日本実業団駅伝2018の通過チームを予想しています。

 

スポンサーリンク

東日本実業団駅伝2018概要

日程:2018年11月3日

スタート時間:08時00分

 

ニューイヤー駅伝への出場資格は上位12位(前回-1)まで

 

区間距離

※7区が前回より600m短くなっています。

1区 11.6km

2区 15.3km

3区 9.2km

4区 9.5km

5区 7.8km

6区 10.6km

7区 12.9km

合計 76.9km

 

外国人選手は3区or5区

エントリーチーム一覧

1,Honda

2,富士通

3,日立物流

4,コニカミノルタ

5,日清食品グループ

6,八千代工業

7,カネボウ

8,ヤクルト

9,SUBARU

10,プレス工業

11,警視庁

12,サンベルクス

13,小森コーポレーション

14,JR東日本

15,ラフィネグループ

16,NDソフト

17,コモディイイダ

18,自衛隊体育学校

19,新電元工業

20,NTT東京

21,東京消防庁

22,第1空挺団

23,JP日本郵政

24,東京都庁

25,平塚市役所

26,埼玉医科大学グループ

 

DeNAは駅伝から撤退しました。

前回の結果

東日本実業団駅伝2017結果

ニューイヤー駅伝2018結果

 

スポンサーリンク

東日本実業団駅伝2018通過予想

優勝 Honda

2位 日立物流

3位 カネボウ

4位 富士通

5位 日清食品グループ

6位 コニカミノルタ

7位 SUBARU

8位 八千代工業

9位 ヤクルト

10位 小森コーポレーション

11位 JR東日本

12位 コモディイイダ


13位 プレス工業

 

他の有力チーム

ラフィネグループ・警視庁・サンベルクス・NDソフト

 

ボーダーライン付近のチームの戦力が上がっていて、上位との差が詰まっています。

上位チームもブレーキ区間があれば、まさかの予選落ちとなるかもしれません。

 

今回1番の注目チームはコモディイイダです。

急成長したことにより一気に予選通過できるレベルにまでなっていると思います。

各チームの戦力分析(有力選手の入部・欠場)

Honda

前回優勝で、ニューイヤー駅伝では2位になっています。

設楽悠太選手が走りそうなので優勝候補です。

 

日立物流

入部:栃木渡、前田将太、小町昌矢、上田健太

欠場:上田健太

10000m28分台が4人入部して戦力アップ。

 

カネボウ

入部:鈴木祐希、木津晶夫

昨年度は成績が良くなかったんですが、戦力は高い。

 

富士通

入部:鈴木健吾、大森澪

欠場:横手健、鈴木健吾

 

日清食品グループ

村澤明伸選手がフランクフルトマラソン出場のため欠場。

中谷圭佑選手と町澤大雅選手が出場して結果を出せるかに注目しています。

 

コニカミノルタ

山本浩之選手がフランクフルトマラソン出場のため欠場。

入部:大山憲明、川端千都、工藤有生

欠場:工藤有生

 

SUBARU

入部:藤原滋記、高本真樹

10月20日の記録会のタイムとコメントを見ると、調整が順調にいっているようです。

 

ヤクルト

HPの試合結果を更新して欲しい。

入部:春日千速

 

小森コーポレーション

入部:坂本佳太、西智也

 

JR東日本

入部:冨安央、花澤賢人

欠場:花澤賢人、其田健也

 

コモディイイダ

入部:東瑞基、高橋光晃

東選手と高橋選手は5000mと10000mで自己ベストを更新していて、チームの戦力が大幅にアップしています。

 

プレス工業

入部:大川一成、佐々木寛文

今シーズンの成績が良くなかったので評価ダウン。

 

東日本実業団駅伝2018結果

 

スポンサーリンク