2017年11月3日に第58回東日本実業団駅伝が行われました。

 

東日本実業団駅伝は2018年1月1日に行われるニューイヤー駅伝の予選会となっています。

 

この記事では東日本実業団駅伝2017の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

東日本実業団駅伝2017結果速報

※予選通過は13位まで

 

優勝 3:47:55 Honda

2位 3:48:42 富士通

3位 3:48:51 DeNA

4位 3:49:10 日立物流

5位 3:49:19 コニカミノルタ

6位 3:49:46 日清食品グループ

7位 3:50:02 八千代工業

8位 3:50:51 カネボウ

9位 3:52:26 ヤクルト

10位 3:52:29 SUBARU

11位 3:54:07 プレス工業

12位 3:54:13 警視庁

13位 3:54:14 サンベルクス


14位 3:54:46 小森コーポレーション

15位 3:55:19 JR東日本

16位 3:56:18 ラフィネグループ

17位 3:56:37 NDソフト

18位 3:59:36 コモディイイダ

19位 4:05:51 自衛隊体育学校

20位 4:07:51 新電元工業

21位 4:11:52 NTT東京

22位 4:19:56 南陽市役所

23位 4:20:55 東京消防庁

24位 4:22:35  第1空挺団

25位 4:31:06 JP日本郵政グループ東京

 

区間賞

1区 牟田祐樹(日立物流)

2区 室塚健太(DeNA)

3区 ビダン・カロキ(DeNA)

4区 横手健(富士通)

5区 佐藤佑輔(富士通)

6区 栁利幸(日立物流)

7区 谷川智浩(コニカミノルタ)

 

スポンサーリンク

東日本実業団駅伝2017の感想

区間エントリーを見て、上位は混戦だと思いました。

 

予想とはかなり違った結果になったチームもありました。

東日本実業団駅伝2017予想!エントリーチーム一覧と注目選手の紹介

Honda

設楽悠太選手が欠場してたので、優勝するとは思いませんでした。

 

区間賞を獲った選手はいなかったんですが、全体的に区間上位で安定していました。

富士通

4区・5区の区間賞が大きかったです。

 

潰滝大記選手と松枝博輝選手が欠場していましたが、層が厚いですね。

DeNA

2区・3区で区間賞を獲りました。

 

ビダン・カロキ選手は福岡国際マラソンにエントリーしているので、今回の成績を見て、より楽しみになりました。

日立物流

1区と6区で区間賞を獲りました。

 

牟田祐樹選手はトラックは強いんですが、今回は駅伝でも強さを見せました。

 

コニカミノルタから移籍した設楽啓太選手は5区で区間2位でした。不調が続いていましたが、かなり良くなってきました。

コニカミノルタ

谷川智浩選手は2年連続で7区区間賞なのですばらしいです。

 

神野大地選手は福岡国際マラソンに出場予定です。

日清食品グループ

1区佐藤悠基選手、2区村澤明伸選手でトップ予想だったんですが、実力を考えると少し遅かったです。

 

戸田雅稀選手は都道府県対抗駅伝以降、良くない成績が続いています。

カネボウ

5区以降が遅かったです。

 

石川颯真選手は日本大学時代、安定して好成績だったような気がするんですが、今回は調子が悪かったようです。

ヤクルト

前回は4位だったんですが、前回活躍した小椋裕介選手と高宮祐樹選手が欠場していたので、予想順位は落としていました。

 

ニューイヤー駅伝も、この二人が出場できないと、好成績は難しそうです。

 

スポンサーリンク

 

他の地域の日程と結果

ニューイヤー駅伝2018予選会日程一覧と結果速報