2017年10月7日にオールスター感謝祭2017秋の赤坂5丁目ミニマラソンが行われました。

 

今回のゲストは1年前と同じモハメド・ファラー選手でした。

 

前回のファラー選手の結果は↓から

オールスター感謝祭2016秋マラソンの結果!ファラーのギャラはいくら?

 

この記事ではオールスター感謝祭2017秋・赤坂5丁目ミニマラソンの出場者・ハンデ・結果・感想についてまとめています。

 

スポンサーリンク

出場者とハンデ

一般

紅蘭

鈴木あきえ

田中道子

みかん

まひる(ガンバレルーヤ)

よしこ(ガンバレルーヤ)

相田周二(三四郎)

あかつ

アキラ100%

亜生(ミキ)

鰻和弘(銀シャリ)

長田庄平(チョコレートプラネット)

松尾駿(チョコレートプラネット)

クロちゃん(安田大サーカス)

団長安田(安田大サーカス)

じゅんいちダビットソン

鈴木拓(ドランクドラゴン)

たかし

田中卓志(アンガールズ)

トランプマン

ボビー・オロゴン

三浦彰彦(アイデンティティ)

八木真澄(サバンナ)

レイザーラモンHG

 

運動自慢タレント

一般から30秒

おばたのお兄さん

神尾風珠

小島よしお

なかやまきんに君

ニッチロー

東国原英夫

宮沢氷魚

 

陸王チーム

運動自慢タレントから40秒

佐野岳

和田正人

 

マラソンタレント

陸王チームから10秒

内藤大助

ノッチ

ハリー杉山

森脇健児

森渉

山本浩司(タイムマシーン3号)

 

モハメッド・ファラー

マラソンタレントから2分

ロンドン世界陸上2017男子5000m結果速報!順位一覧

ロンドン世界陸上2017男子10000m結果速報!順位一覧

ハンデを見た感想

和田正人さんとファラー選手の対決を狙っているとしか思えないハンデ設定です。

 

他の出場者は完全に盛り上げ役です。

 

1番分かりやすい比較は38歳の箱根駅伝出場者である和田正人さんが、50歳の森脇健児さんより先にスタートすることです。

 

明らかに和田さんのほうが速いでしょ。

 

スポンサーリンク

結果

1位 モハメッド・ファラー

2位 和田正人

3位 佐野岳

4位 小島よしお

5位 森脇健児

6位 山本浩司(タイムマシーン3号)

7位 ハリー杉山

8位 ノッチ

9位 森渉

10位 亜生(ミキ)

赤坂5丁目ミニマラソンの感想

予想通りファラー選手と和田正人さんの勝負になり、最後の通路でファラー選手が逆転しました。

 

通路での逆転は珍しいですね。初めてでしょうか?

 

ファラー選手は去年に続いて2回目だったので、走りやすいように見えました。

 

和田正人さんは3秒差の2位でした。箱根駅伝出場者なので、タレントさんよりは速いですよね。

 

3位は1分33秒差で佐野岳さんでした。

 

この1分33秒差というのがハンデ設定のひどさが出ています。

 

企画自体は面白いので、もうちょっと上手くやってほしいです。

 

スポンサーリンク