2017年7月13日に行われるホクレンディスタンスチャレンジ網走に大迫傑選手がエントリーしました。

 

スタート時間は19時30分です。

 

スポンサーリンク

ペースメーカーについて

大迫選手が走る予定の10000mAではペースメーカーが走ることになっています。設定タイムはロンドン世界陸上参加標準記録の27分45秒00です。

 

ペースメーカーが誰になるのかはまだ決まっていませんが、九電工のポール・タヌイ選手だと思います。

 

タヌイ選手はリオオリンピック10000mで銀メダルを獲得した選手で、日本でのペースメーカーの経験もあります。タヌイ選手なら安心して任せることができます。

リオオリンピック10000m結果

 

※追記

ペースメーカーは旭化成のアブラハム・キャプシス・キプヤティチ選手と、マツダのテレッサ・ニャコラ選手になりました。

 

タヌイ選手と比べると不安です。気温も高くなりそうですし、ロンドン世界陸上の参加標準記録突破は厳しくなったように感じます。

ロンドン世界陸上への出場条件は?

大迫傑選手は27分45秒以内で走れば、ロンドン世界陸上への出場が確定します。

 

大迫選手以外にもロンドン世界陸上出場の可能性が残っている選手がいます。日本選手権10000m2位の上野裕一郎選手と、3位の市田孝選手です。

 

上野選手と市田選手も大迫選手と同じで、網走の10000mにエントリーしています。

 

網走の10000mは他にも有力選手が多数エントリーしていて、日本選手権に近いレベルになっています。

 

スポンサーリンク

ロンドン世界陸上には出場できそう?

日本選手権上位3選手の10000m自己ベストはこちらです。

大迫傑   27:38.31

上野裕一郎 28:01.71

市田孝   27:53.59

 

大迫選手は調子が整っていれば、突破の可能性は8割くらいあると思います。

 

上野選手は参加標準記録までは難しいでしょう。粘って27分台が出せるかどうかに注目です。

 

市田孝選手はまだまだ伸びる選手だと思うので、調子次第では参加標準記録突破もあると思います。ただ、27分45秒って日本人選手にとっては、かなり難しいタイムなんですよね。

 

頑張って2人以上出場して欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

ホクレンディスタンスチャレンジ網走結果