2017年2月5日に

第71回香川丸亀国際ハーフマラソンが行われます。

 

スタート時間は10時35分

テレビ放送はBSフジです。

 

この記事では

香川丸亀国際ハーフマラソンの

招待選手と注目選手について書いています。

 

スポンサーリンク

香川丸亀国際ハーフマラソン2017男子

海外招待選手

アツセド・ツェガエ(25歳)

国籍:エチオピア

自己ベスト:58:47

 

ケネス・キプケモイ(32歳)

国籍:ケニア

自己ベスト:59:01

 

アブラハム・キプヤティチ(23歳)

国籍:ケニア

自己ベスト:60:03

 

カルム・ホーキンス(24歳)

国籍:イギリス

自己ベスト:60:24

 

ファビアノ・スーレ(22歳)

国籍:タンザニア

自己ベスト:61:19

国内招待選手

人数が多いので

注目選手だけ紹介します。

 

大迫傑(25歳)

所属:ナイキ・オレゴン・プロジェクト

自己ベスト:61:47

 

宮脇千博(25歳)

所属:トヨタ自動車

自己ベスト:60:53

 

村山謙太(23歳)

所属:旭化成

自己ベスト:60:50

 

村山紘太(23歳)

所属:旭化成

自己ベスト:27:29:69(10000m)

 

設楽啓太(25歳)

所属:コニカミノルタ

自己ベスト:61:12

 

神野大地(23歳)

所属:コニカミノルタ

自己ベスト:61:21

 

田村和希(21歳)

所属:青山学院大学

自己ベスト:62:22

 

ドミニク・ニャイロ(19歳)

所属:山梨学院大学

自己ベスト:60:50

 

上田健太(21歳)

所属:山梨学院大学

自己ベスト:62:01

 

塩尻和也(20歳)

所属:順天堂大学

自己ベスト:28:32:85(10000m)

一般注目選手

市田孝(24歳)

所属:旭化成

自己ベスト:62:03

 

野口拓也(28歳)

所属:コニカミノルタ

自己ベスト:62:50

 

ジョナサン・ディク(25歳)

所属:日立物流

自己ベスト:27:11:23(10000m)

 

設楽悠太(25歳)

所属:Honda

自己ベスト:61:48

男子の見どころ

今回は大迫傑選手の出場が

1番の注目ポイントです。

 

丸亀ハーフは記録が出やすく、

前回は茂木圭次郎選手が

60分54秒という好記録を出しています。

 

気象条件と調子が良ければ

日本記録更新も狙えます。

 

ハーフマラソンの日本記録は

佐藤敦之さんが持っている

60分25秒です。

 

村山兄弟や市田孝選手も

60分台が期待できます。

 

調子が戻っていなかった設楽悠太選手も

都道府県対抗男子駅伝の7区で、

区間賞の走りをしていたので、

ハーフの結果も楽しみです。

 

箱根駅伝に出場していた

大学生も多数参加しているので、

結果をチェックしていくのが楽しみです。

 

スポンサーリンク

香川丸亀国際ハーフマラソン2017女子

海外招待選手

ユニス・キルワ(32歳)

国籍:バーレーン

自己ベスト:68:06

 

シャレーン・フラナガン(35歳)

国籍:アメリカ

自己ベスト:68:31

 

イロイス・ウェリングス(34歳)

国籍:オーストラリア

自己ベスト:69:29

 

エイミー・クラッグ(33歳)

国籍:アメリカ

自己ベスト:71:19

 

ケリース・アリアス(27歳)

国籍:コロンビア

自己ベスト:71:21

国内招待選手

岩出玲亜(22歳)

所属:ノーリツ

自己ベスト:69:45

 

ウィンフリーダ・ケバソ(31歳)

所属:ニトリ

自己ベスト:69:59

 

早川英里(35歳)

所属:TOTO

自己ベスト:70:13

 

田中花歩(25歳)

所属:第一生命グループ

自己ベスト:71:12

 

中村萌乃(26歳)

所属:ユニバーサル

自己ベスト:71:33

 

下門美春(26歳)

所属:しまむら

自己ベスト:71:48

 

松﨑璃子(24歳)

所属:積水化学

自己ベスト:31:44:86(10000m)

 

渡邉喜恵(21歳)

所属:スズキ浜松AC

自己ベスト:15:58:53(5000m)

一般注目選手

清水美穂(26歳)

所属:ホクレン

自己ベスト:69:41

 

永尾薫(27歳)

所属:浦安市陸協

自己ベスト:70:32

女子の見どころ

女子は清水美穂選手に注目です。

自己ベストの更新が期待できます。

 

他は東京マラソンに出場予定の

永尾薫選手の結果も

チェックしておきたいです。

 

リオオリンピックの銀メダリストで、

前回優勝のキルワ選手も注目です。

 

キルワ選手はおそらく、

今回も名古屋ウィメンズマラソンに

出場すると思います。

 

スポンサーリンク

 

東京マラソンについてはこちら

東京マラソン2017予想!優勝候補と日本人のタイムと順位は?