2018年3月25日に第23回世界ハーフマラソンが行われました。

 

この記事では世界ハーフマラソン2018の上位選手と日本人選手の記録をまとめています。

 

スポンサーリンク

世界ハーフマラソン2018結果速報

女子

1:06:11 Netsanet Gudeta KEBEDE エチオピア
2 1:06:54 Joyciline JEPKOSGEI ケニア
3 1:06:56 Pauline Kaveke KAMULU ケニア
4 1:07:17 Eunice Chebichii CHUMBA バーレーン
5 1:08:07 Zeineba YIMER エチオピア
6 1:08:09 Meseret BELETE エチオピア
7 1:08:10 Desi MOKONIN バーレーン
8 1:08:12 Bekelech GUDETA エチオピア
9 1:08:12 Dalila ABDULKADIR バーレーン
10 1:08:25 Shitaye ESHETE バーレーン
17 1:10:46 森田香織 日本
19 1:11:02 一山麻緒 日本
35 1:12:09 前田穂南 日本
70 1:15:24 堀優花

日本

今回はエチオピアとケニアだけではなく、バーレーンも上位に入ってきました。

日本人選手は森田香織選手が日本人トップでした。

全体的にもう少し速く走ってほしかったです。

 

スポンサーリンク

男子

1 1:00:02 Geoffrey Kipsang KAMWOROR ケニア
2 1:00:22 Abraham Naibei CHEROBEN バーレーン
3 1:00:31 Aron KIFLE エリトリア
4 1:00:33 Jemal YIMER エチオピア
5 1:00:47 Getaneh MOLLA エチオピア
6 1:00:54 Betesfa GETAHUN エチオピア
7 1:00:58 Amanuel MESEL エリトリア
8 1:01:03 Julien WANDERS スイス
9 1:01:05 Kaan Kigen OZBILEN トルコ
10 1:01:07 Leul GEBRESILASE エチオピア
24 1:01:56 大迫傑 日本
46 1:03:07 村山謙太 日本
71 1:04:12 園田隼 日本
82 1:04:48 上門大祐 日本
108 1:06:49 村山紘太 日本

スローペースで15kmまでいきましたが、カムウォロル選手が15~20kmを13分01秒で走って圧勝しました。

大迫傑選手は15kmまでは先頭集団にいましたが、ペースを上げることができず、一気に差をつけられてしまいました。

しかし、日本人選手の中では圧倒的に強かったです。

 

他の日本人選手は全然ダメでしたね。

スローペースなのに10kmまでに先頭集団から離されてしまっています。

村山紘太選手は東京マラソンの時はペースメーカーで良い仕事をしていたように見えましたが、今回は調子が良くなかったようです。

 

スポンサーリンク