2017年1月1日に

第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会

ニューイヤー駅伝が行われました。

 

この記事ではニューイヤー駅伝の

結果速報(総合順位・区間賞)

と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2017結果速報

総合順位

1位:4:49:55 旭化成

2位:4:51:02 トヨタ自動車

3位:4:52:18 トヨタ自動車九州

4位:4:52:23 MHPS

5位:4:52:26 コニカミノルタ

6位:4:52:50 富士通

7位:4:53:27 DeNA

8位:4:53:52 日清食品グループ

9位:4:53:57 中国電力

10位:4:54:26 日立物流

11位:4:55:33 Honda

12位:4:55:34 安川電機

13位:4:55:34 愛知製鋼

14位:4:55:35 黒崎播磨

15位:4:55:37 マツダ

16位:4:56:10 愛三工業

17位:4:56:30  カネボウ

18位:4:57:40 JR東日本

19位:4:57:41 トヨタ紡織

20位:4:57:43 ヤクルト

21位:4:57:45 NTT西日本

22位:4:57:53 大塚製薬

23位:4:58:43 八千代工業

24位:4:59:22 小森コーポレーション

25位:4:59:37 NTN

26位:4:59:51 九電工

27位:5:00:25 YKK

28位:5:01:02 SGホールディングスグループ

29位:5:01:07 プレス工業

30位:5:02:23 中央発條

31位:5:02:23 SUBARU

32位:5:02:26 JFEスチール

33位:5:03:52 NDソフト

34位:5:04:00 トーエネック

35位:5:04:05 西鉄

36位:5:05:37 セキノ興産

37位:5:06:15 中電工

区間賞

1区:戸田 雅稀(日清食品)

2区:ビダン・カロキ(DeNA)

3区:大石港与(トヨタ自動車)

4区:市田孝(旭化成)

5区:村山謙太(旭化成)

6区:市田宏(旭化成)区間新

7区:野口拓也(コニカミノルタ)

 

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2017の感想

今年もトヨタ自動車は強かったんですが、

旭化成がさらに強かったです。

 

2区・6区・7区が弱いので

優勝はないかなと思っていましたが、

市田宏選手の好走が大きかったです。

 

これまで、お兄さんの孝選手と比べると、

良い成績を残せていなかったんですが、

今回はすばらしい活躍でした。

 

1区の村山紘太選手が

ムダな動きが多く、

遅れてしまったんですが、

3区以降の追い上げがすごかったですね。

 

トヨタ自動車は2区が少し誤算でしたね。

 

しかし、総合的に見ると好成績で、

旭化成が強すぎたという感想です。

 

今回は九州勢が活躍しました。

 

トヨタ自動車九州は

ニューイヤー駅伝になると

いい走りをする選手が多いです。

 

MHPSは初入賞です。

前回に続いて4区好走の井上大仁選手は

マラソンの成績が楽しみです。

 

今回はマラソン選手の好成績が目立ちました。

●高宮祐樹(ヤクルト)

●今井正人(トヨタ自動車九州)

●井上大仁(MHPS)

●服部勇馬(トヨタ自動車)

●村山謙太(旭化成)

●山本浩之(コニカミノルタ)

●松村康平(MHPS)

●佐々木悟(旭化成)

 

おそらくほとんどの選手が

ロンドン世界陸上の選考会に

出場してくると思います。

 

この選手の中から1人は

代表に選ばれると思います。

 

マラソンが楽しみになるような結果でした。

 

2時間7分台が出るんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

箱根駅伝予想記事