東京オリンピック男子10000m結果と感想

2021年7月30日に東京オリンピックの男子10000mが行われました。

日本人選手は相澤晃選手と伊藤達彦選手が出場していました。

この記事では結果と感想について書いています。

 

東京オリンピック男子10000m結果

優勝 27:43.22 セレモン・バレガ(エチオピア)

2位 27:43.63 ジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)

3位 27:43.88 ジェイコブ・キプリモ(ウガンダ)

4位 27:46.16 ベリフ・アレガウィ(エチオピア)

5位 27:46.39 グラント・フィッシャー(アメリカ)

6位 27:47.76 ムハンマド・アハマド(カナダ)

7位 27:50.06 ロジャース・ケモイ(ケニア・愛三工業)

8位 27:52.03 ヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)

9位 27:52.78 ロネックス・キプルト(ケニア)

10位 27:53.58 モーアド・アムドゥニ(フランス)

11位 27:54.05 イエマネベルハン・クリッパ(イタリア)

12位 28:04.06 アーロン・キフレ(エリトリア)

13位 28:04.71 カルロス・マジョ(スペイン)

14位 28:09.23 マーク・スコット(イギリス)

15位 28:11.01 ウィリアム・キンケイド(アメリカ)

16位 28:14.18 ジョー・クレッカー(アメリカ)

17位 28:18.37 相澤晃(旭化成)

18位 28:31.91 アイザック・キメリ(ベルギー)

19位 28:35.06 パトリック・ティアーナン(オーストラリア)

20位 28:41.42 ウェルドン・ランガット(ケニア)

21位 28:55.29 ジュリアン・ワンダース(スイス)

22位 29:01.31 伊藤達彦(Honda)

23位 29:01.92 キリン・タンティウェート(タイ)

途中棄権

サム・アトキン(イギリス)

スティーブン・キッサ(ウガンダ)

 

感想

金メダルを獲得したのはセレモン・バレガ選手でした。

序盤は後方にいましたが、2000m手前で飛び出していたスティーブン・キッサ選手を追い始めました。

強いなと思っていましたが、4000m付近で後ろの集団に吸収されます。

そして、集団の後方を走っていました。

ラスト1周勝負になり、素晴らしいスパートで優勝しました。

集団に吸収される判断が良かったと思います。

先頭を追って力を使っても、ラストの力が残ってて強かったです。

 

銀メダルと銅メダルはウガンダが獲得しました。

この種目ではオリンピックで初めてのメダル獲得です。

 

7位に愛三工業所属のロジャース・ケモイ選手が入っています。

最後まで先頭集団に入っていましたが、ラストスパートで置いていかれました。

ケニア選手の中では最上位で唯一の入賞でした。

 

相澤晃選手はペースが上がった時に上げることが出来ませんでした。

相澤選手自身のペースは落ちずに、ずっと1km2分50秒ペースで走っています。

集団で力を使っていないように見えましたが、残っていなかったようです。

17位はリオオリンピック日本人トップの大迫傑選手と同じ順位です。

 

伊藤達彦選手は後半でペースが落ちてしまいました。

ペースの上げ下げで力を使いすぎてしまったようです。

1km3分ペースまで落ちましたが、ラストは上げることが出来ていました。