2020年8月23日にセイコーゴールデングランプリ陸上2020が行われました。

この記事では男子1500m、女子1500m、女子3000m障害の結果をまとめています。

 

スポンサーリンク

ゴールデングランプリ2020結果

男子1500m

1位 3:41.07 館澤亨次(横浜DeNA)

2位 3:41.39 楠康成(阿見AC)

3位 3:42.02 的野遼大(MHPS)

4位 3:42.53 荒井七海(Honda)

5位 3:43.78 阪口竜平(SGH)

6位 3:44.06 戸田雅稀(サンベルクス)

7位 3:44.45 木村理来(愛三工業)

8位 3:44.62 甲木康博(城西大城西高校)※高校歴代3位

9位 3:47.00 前田恋弥(カネボウ)

10位 3:48.89 大竹康平(広島経済大学)

 

ペースメーカーが速いペースで引っ張って、付いていった館澤亨次選手が好タイムで優勝しています。

的野遼大選手は自己ベスト更新です。

 

甲木康博選手はハイペースで付いていきながらも粘って、高校歴代3位の記録を出しています。

 

スポンサーリンク

女子1500m

1位 4:05.27 田中希実(豊田自動織機TC)※日本新記録

2位 4:11.75 卜部蘭(積水化学)※日本歴代9位

3位 4:13.14 萩谷楓(エディオン)

4位 4:17.00 ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)

5位 4:22.26 後藤夢(豊田自動織機TC)

6位 4:23.13 橋本奈津(積水化学)

7位 4:23.31 陣内綾子(九電工)

8位 4:31.92 中須瑠菜(神村学園高校)

9位 4:32.46 吉川侑美(ユニクロ)

 

田中希実選手はスタートからゴールまで、ずっと先頭を走っての日本記録でした。

ずっと先頭を走る展開だと、わずかに日本記録を更新するくらいかなと思っていましたが、大幅に更新しています。

ホクレンではエカラレ選手と競っての記録だったので、今回の記録はすごすぎます。

 

ホクレンのときと比べると1周目は同じくらいのタイムですが、2周目と3周目は速いタイムで通過しています。

中盤も速いタイムで走っていますが、ラスト1周で上げることが出来ていました。

ラスト1周でペースが上がった時に、日本記録が出るだろうなと思いました。

 

個人的に楽しみにしていた卜部蘭選手と萩谷楓選手の対決ですが、卜部蘭選手が勝ちました。

2人とも自己ベスト更新です。

卜部選手はラスト1周まで田中希実選手に付いていっていました。

女子3000m障害

1位 9:54.50 吉村玲美(大東文化大学)

2位 9:55.98 石澤ゆかり(エディオン)

3位 9:58.31 秋山祐妃(大東文化大学)

4位 10:05.00 西出優月(関西外国語大学)

5位 10:17.26 佐藤奈々(スターツ)

6位 10:30.90 赤堀かりん(日本体育大学)

7位 10:30.93 森智香子(積水化学)

8位 10:33.93 瀬川帆夏(シスメックス)

9位 10:37.36 堀尾 咲月(京都産業大学)

10位 10:42.66 三浦佳奈(東北福祉大学)

途中棄権 藪田裕衣(大塚製薬)

 

ラスト1周まで吉村玲美選手と石澤ゆかり選手が何回も先頭を入れ替わる展開でした。

ラスト1周から吉村選手が抜け出して優勝しました。

 

吉村玲美選手はホクレンの時と比べるとタイムが落ちています。

それでもこの種目では強かったです。

 

石澤ゆかり選手はホクレンの時よりタイムが良くなっています。

序盤から積極的で、優勝もあるかなという走りでした。

 

秋山祐妃選手と西出優月選手は自己ベスト更新です。

女子3000m障害の層が厚くなってきています。

 

スポンサーリンク