2020年2月2日に第69回別府大分毎日マラソンが行われます。

スタート時間は正午です。

 

この記事では招待選手と一般参加の注目選手を紹介して、予想と見どころについて書いています。

 

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2020出場選手

※番号はゼッケンナンバー

海外招待選手

1,アブデラ・ゴダナ(エチオピア)

自己ベスト 2:08:32

 

2,ジョン・コリル(ケニア)

自己ベスト 2:09:14

 

3,マシュー・キプサート(ケニア)

自己ベスト 2:09:19

 

4,オグベキブロム・ルエサム(エリトリア)

自己ベスト 2:10:01

 

5,ハムザ・サリ(モロッコ)

自己ベスト 2:10:19

国内招待選手

11,佐々木悟(旭化成)

自己ベスト 2:08:56

 

12,深津卓也(旭化成)

自己ベスト 2:09:31

 

13,福田穣(西鉄)

自己ベスト 2:09:52

 

14,兼実省伍(中国電力)

自己ベスト 2:10:19

 

15,安井雄一(トヨタ自動車)

自己ベスト 2:10:26

 

16,伊藤太賀(スズキ浜松AC)

自己ベスト 2:10:52

 

17,小山司(SUBARU)

自己ベスト 2:11:20

 

18,林奎介(GMOインターネットグループ)

自己ベスト 1:29:47(30km)

一般参加の注目選手

101,大津顕杜(トヨタ自動車九州)

自己ベスト 2:12:32

 

108,栃木渡(日立物流)

自己ベスト 2:15:25

 

109,湯澤舜(SGHグループ)

自己ベスト 2:15:30

 

113,近藤秀一(GMOインターネットグループ)

自己ベスト 2:14:13

 

115,黒田雄紀(コモディイイダ)

自己ベスト 2:18:13

 

121,湊谷春紀(横浜DeNA)

自己ベスト 1:02:52(ハーフ)

 

122,聞谷賢人(トヨタ紡織)

自己ベスト 1:30:04(30km)

 

127,松尾淳之介(東海大学)

自己ベスト 1:02:17(ハーフ)

 

128,吉田祐也(青山学院大学)

自己ベスト 1:03:19(ハーフ)

 

132,中村祐紀(住友電工)

自己ベスト 2:12:58

 

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2020予想と見どころ

この大会はファイナルチャレンジとは関係ありません。

ペースメーカーは5km15分10秒ペースで、30kmまで引っ張る予定です。

 

外国人選手の中では前回2位のアブデラ・ゴダナ選手と、ドーハ世界陸上8位のハムザ・サリ選手が強敵だと思います。

でも、日本人選手が勝てないレベルではないです。

 

日本人選手のトップ候補

安井雄一、佐々木悟、福田穣

 

安井雄一選手は今回楽しみにしています。

今シーズンは5000m・10000m・ハーフマラソンで自己ベストを更新しています。

トヨタ自動車は最近マラソンの成績が良いので、今回も上位に入ってくるのではと予想しています。

 

佐々木悟選手は今シーズン、シドニーマラソンで2時間11分02秒、九州実業団毎日駅伝で6区区間賞を獲得しています。

安定感のあるベテラン選手で、自己ベストは日本人最速です。

 

福田穣選手は2ヶ月前の福岡国際マラソンで3位に入っています。

後半になっても大崩れしない選手です。

 

他の注目選手

林奎介、吉田祐也

 

林奎介選手は今シーズン、ニューイヤー駅伝で6区3位でした。

長い距離に強いと思うので、初マラソン挑戦を楽しみにしていました。

 

吉田祐也選手は今年の箱根駅伝で4区区間新記録でした。

箱根駅伝に続いて好走できるかに注目です。

 

今回は一般参加にも注目選手が多いので、楽しみが多い大会です。

 

スポンサーリンク