2019年10月27日に第37回全日本大学女子駅伝が杜の都・仙台で行われます。

この記事では出場校一覧・17位までの順位予想・上位予想チームの戦力分析について書いています。

 

スポンサーリンク

全日本大学女子駅伝2019大会概要

スタート時間

10月27日(日)12時10分

 

テレビ放送

日本テレビで12時~

 

区間距離

1区:6.6km

2区:3.9km

3区:6.9km

4区:4.8km

5区:9.2km

6区:6.7km

 

今回は区間距離が変更されています。

2区が短くなって、6区が長くなっています。

 

シード権

シード権は上位8チームに与えられます。

 

地区代表枠争い

9~17位に入った大学の地区には地区代表枠が1つずつ増えます。

出場校一覧

シード校

●名城大学

●大東文化大学

●立命館大学

●東京農業大学

●松山大学

●京都産業大学

●大阪学院大学

●大阪芸術大学

全日本大学女子駅伝2018結果

 

予選会通過校

●札幌国際大学

●東北福祉大学

●石巻専修大学

●城西大学

●日本体育大学

●中央大学

●東洋大学

●拓殖大学

●玉川大学

●新潟医療福祉大学

●中京学院大学

●関西大学

●佛教大学

●兵庫大学

●神戸学院大学

●環太平洋大学

●福岡大学

関西予選の結果

関東予選の結果

 

オープン参加

東北学連選抜チーム

 

スポンサーリンク

全日本大学女子駅伝2019順位予想

優勝 名城大学

2位 大東文化大学

3位 立命館大学

4位 松山大学

5位 京都産業大学

6位 城西大学

7位 大阪学院大学

8位 大阪芸術大学


9位 日本体育大学

10位 関西大学

11位 東京農業大学

12位 佛教大学

13位 中央大学

14位 東洋大学

15位 拓殖大学

16位 玉川大学

17位 福岡大学

 

名城大学

1年生が4人エントリーされていますが、全員力があります。

この中から3人走りそうです。

ベストオーダーが組めれば力が抜けています。

接戦にはなっても負ける可能性は低いです。

 

大東文化大学

関谷夏希選手、鈴木優花選手、吉村玲美選手は区間賞が狙える力があります。

名城大学と比べると4~6番手の選手に差があるので、上手く耐えられるかがポイントになってきます。

 

立命館大学

前回と比べると戦力が落ちています。

御崎舞選手や1年生が成長してくれば面白くなります。

 

松山大学

2年生が強いです。

ただ、今シーズンはトラックの成績が良くないです。

 

京都産業大学

橋本奈津選手が走る区間で貯金を作れます。

3~4人走るであろう2年生の出来が重要です。

 

城西大学

関東大学女子駅伝では素晴らしい成績で優勝しました。

エース区間は耐えることになりそうですが、総合力は高いと思います。

 

大阪学院大学

関西学生対校女子駅伝で優勝しています。

髙谷愛奈選手は今シーズンの調子が良いです。

 

大阪芸術大学

前回初シードでしたが、今回もシードを争える力があると思います。

関西学生対校女子駅伝で走っていなかった永井智里選手が区間エントリーに入っていれば可能性大です。

 

日本体育大学

関東大学女子駅伝で調子が良かったです。

工藤杏華選手はインカレ5000mで6位に入っています。

 

関西大学

関西学生対校女子駅伝で走っていなかった森紗也佳選手が区間エントリーに入っていれば、シード権争いができる可能性が高いです。

 

スポンサーリンク