2019年9月29日にベルリンマラソンが行われました。

男子はかなりハイレベルな戦いになりました。

この記事では上位選手と日本人選手の成績をまとめています。

 

スポンサーリンク

ベルリンマラソン2019結果

男子

優勝 2:01:41 ケネニサ・ベケレ(エチオピア)※世界歴代2位

2位 2:02:48 ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)※世界歴代3位

3位 2:03:36 シセイ・レマ(エチオピア)※世界歴代10位

4位 2:06:45 ジョナサン・コリル(ケニア)

5位 2:08:07 フェリックス・カンディエ(ケニア)

9位 2:08:56 村山謙太(旭化成)

11位 2:10:26 安井雄一(トヨタ自動車)

29位 2:14:27 日下佳祐(日立物流)

48位 2:16:08 兼実省伍(中国電力)

 

ケネニサ・ベケレのラップタイム

5km 14:24

10km 28:53(14:29)

15km 43:29(14:36)

20km 57:58(14:29)

ハーフ 1:01:05

25km 1:12:30(14:32)

30km 1:26:55(14:25)

35km 1:41:15(14:20)

40km 1:55:30(14:15)

フィニッシュ 2:01:41(6:11)

 

ベルリンマラソン2018結果

 

エリウド・キプチョゲ選手が世界記録を出したときと同じようなラップタイムになっています。

ケネニサ・ベケレ選手は最近はマラソンで良い結果が出せていなかったんですが、今回は世界記録まで2秒の好タイムでした。

去年キプチョゲ選手が世界記録を出した時は簡単に抜かれないだろうと思っていましたが、最近は全体的にレベルが上ってますね。

 

2位のビルハヌ・レゲセ選手は東京マラソン2019で圧勝した選手です。

レゲセ選手は30~35kmを14分09秒で走りましたが、最後まで持ちませんでした。

しかし、まだ25歳ですし、世界記録更新の可能性は高いと思います。

 

村山謙太選手は25kmまでは日本記録ペースでした。

終盤は大幅にペースが落ちましたが、自己ベスト更新です。

 

安井雄一選手も自己ベスト更新です。

今年度は5000mでも自己ベストを更新していて、力をつけてきています。

女子

優勝 2:20:14 アシェテ・ベケレ(エチオピア)

2位 2:20:21 マレ・ディババ(エチオピア)

3位 2:21:06 セリー・チェピエゴ(ケニア)

4位 2:21:36 ヘレン・トーラ(エチオピア)

5位 2:22:16 サラ・ホール(アメリカ)

 

女子は最近は2時間20分切りがよく出ているので、タイムはそんなによくないです。

セリー・チェピエゴ選手は九電工にいた選手です。

 

スポンサーリンク