2019年1月13日に第37回全国都道府県対抗女子駅伝が行われました。

 

この記事では都道府県対抗女子駅伝2019の結果速報(総合順位・タイム・区間賞)と感想について書いています。

 

スポンサーリンク

都道府県対抗女子駅伝2019結果速報

総合順位・タイム

優勝 2:15:43 愛知

2位 2:16:45 京都

3位 2:17:01 大阪

4位 2:17:13 兵庫

5位 2:17:26 千葉

6位 2:17:47 長野

7位 2:18:15 神奈川

8位 2:18:38 静岡

9位 2:18:54 東京

10位 2:19:11 岡山

11位 2:19:27 長崎

12位 2:20:06 福岡

13位 2:20:16 群馬

14位 2:20:38  鹿児島

15位 2:20:42 広島

16位 2:20:45 宮城

17位 2:20:51 大分

18位 2:20:57 埼玉

19位 2:21:37 山形

20位 2:22:03 愛媛

21位 2:22:40 宮崎

22位 2:22:42 茨城

23位 2:23:00 和歌山

24位 2:23:29 北海道

25位 2:23:34 熊本

26位 2:23:42 秋田

27位 2:23:48 山梨

28位 2:23:52 高知

29位 2:23:59 佐賀

30位 2:24:11 石川

31位 2:24:12 富山

32位 2:24:16 福島

33位 2:24:18 三重

34位 2:24:22 山口

35位 2:24:30 滋賀

36位 2:24:38 岩手

37位 2:24:46 新潟

38位 2:25:09 岐阜

39位 2:25:10 奈良

40位 2:25:23 栃木

41位 2:25:35 福井

42位 2:25:56 徳島

43位 2:29:15 香川

44位 2:29:32 鳥取

45位 2:29:53 青森

46位 2:30:25 沖縄

47位 2:30:35 島根

 

前回よりも全体的に1分くらい遅いです。

区間賞

1区 廣中璃梨佳(長崎)

2区 藤中佑美(愛知)

   西脇舞(岡山)

3区 南日向(千葉)

4区 小林成美(長野)

5区 三原梓(京都)

6区 大西ひかり(兵庫)

7区 松室真優(大阪)

   荒井優奈(兵庫)

8区 石松 愛朱加(兵庫)

9区 新谷仁美(東京)

優秀選手

廣中璃梨佳(長崎)

小林成美(長野)

新谷仁美(東京)

未来くん賞

大西ひかり(兵庫)

南日向(千葉)

 

スポンサーリンク

全体の感想

1区は予想外のスローペースとなりました。

中盤から長崎の廣中璃梨佳選手が引っ張って、最後は高知の鍋島莉奈選手との勝負になりました。

早い段階で離せなかったので鍋島選手有利かと思いましたが、ラスト勝負でも廣中選手は強いですね。

東京は大きく遅れてしまいました。

 

2区は長崎の弟子丸小春選手が粘っていましたが、最後は愛知の藤中佑美選手が抜きました。

 

3区は千葉の南日向選手が序盤から積極的な走りで、最後まで落ちることなく区間タイ記録でした。

 

4区は大阪の松田瑞生選手と長野の小林成美選手が2人で追い上げていきました。

松田選手はMGCに向けてお休み期間でしたが良い走りでした。

小林選手はラストの力があります。

 

5区は高校1年生の活躍が目立ちました。

区間3位まで全て高校1年生でした。

愛知の永井美希選手と福岡の酒井美玖選手は持ちタイムはそんなに速くない選手です。

 

6区は兵庫の大西ひかり選手と千葉の内藤早紀子選手が少し抜けたタイムで前との差を詰めました。

 

7区は高校生が多い区間でした。

大阪の松室真優選手と兵庫の荒井優奈選手が実力通りの区間トップ2でした。

 

8区は兵庫の石松愛朱加選手がハイペースで走り猛追しました。

中盤からペースが落ちてしまい、区間記録の更新は出来ませんでしたが、2年連続で8区区間賞でした。

 

9区は京都の一山麻緒選手と愛知の鈴木亜由子選手の勝負となりました。

互角の勝負だと見ていましたが、マラソン練習の影響の差が大きく結果に出ました。

鈴木亜由子選手はMGCに向けた調整をしているのかと思うくらいの出来でした。

注目の新谷仁美選手は9区歴代4位のタイムで追い上げましたが、東京は入賞まで少し届きませんでした。

入賞チームの感想

愛知

1区で良い位置につけて、その後の選手も全員良い走りでした。

特に5区以降が予想よりも速かったです。

京都

エントリー変更になった6区柴田来夢選手のところで遅れてしまいました。

9区の一山麻緒選手は前回よりもタイムが遅く、マラソン練習の影響が出ている感じでした。

大阪

1区の髙松智美ムセンビ選手は富士山女子駅伝の疲れがあったのか元気がなかったです。

前田穂南選手は今シーズンはトラック・駅伝・マラソンと全て安定した好成績を残しています。

東京マラソンに出場予定です。

兵庫

1区の田中希実選手は飛び出さなかったので、調子が良くないのかなと思いました。

2区の樽本知夏選手と3区の塚本衣音選手も良くない結果でした。

4区から追い上げて6~8区は3連続区間賞で一気に先頭付近までいきました。

千葉

3区までは理想的な展開でした。

4区以降も一般が予想以上に速かったです。

今回走った成田高校の3人は2年生以下なので、来年度の高校駅伝と都道府県対抗女子駅伝が楽しみです。

長野

6位は過去最高順位です。

不安だった中学生と一般選手も良い走りで、9区の細田あい選手は区間9位の好走でした。

4区の小林成美選手が良い位置まで持ってこれたのも良かったです。

神奈川

中学生区間が弱かったのと、残りの区間も少し物足りない結果が多かったです。

静岡

失敗区間がなかったのが、入賞できた要因だと思います。

中学生区間が強く、高校生区間も区間15位前後で順位をキープできていました。

清田真央選手は前回よりもタイムが遅く、MGC獲得に向けて微妙な結果でした。

 

都道府県対抗男子駅伝2019順位予想

 

スポンサーリンク