2018年12月9日に第4回さいたま国際マラソンが行われます。

この記事では招待選手の紹介と順位やMGCの予想について書いています。

 

スポンサーリンク

さいたま国際マラソン2018概要

スタート時間:9時10分

テレビ放送:日本テレビ(9時~11時50分)

解説:高橋尚子、赤羽有紀子

さいたま国際マラソン2018招待選手

海外招待選手

ワークネシュ・デベレ(エチオピア)

自己ベスト 2:19:53

2018ドバイマラソン:4位

ドバイマラソン2018結果

※11月30日追記

左足炎症のため欠場

 

シタヤ・ハブテゲブレル(バーレーン)

自己ベスト 2:24:51

 

シルビア・キベト(ケニア)

自己ベスト 2:26:16

 

ダリラ・ゴサ(バーレーン)

自己ベスト 2:26:46

 

セリア・サロハーン(オーストラリア)

自己ベスト 2:29:27

国内招待選手

清田真央(スズキ浜松アスリートクラブ)

自己ベスト 2:23:47

伊藤舞(大塚製薬)

自己ベスト 2:24:42

※12月8日追記

右後脛骨筋腱断裂のため欠場

 

吉冨博子(メモリード)

自己ベスト 2:30:16

 

井上彩花(大塚製薬)

自己ベスト 2:30:43

 

古瀬麻美(京セラ)

自己ベスト 2:30:44

 

今田麻里絵(岩谷産業)

自己ベスト 2:32:00

 

岡田唯(大塚製薬)

自己ベスト 2:32:10

 

下門美春(埼玉陸協)

自己ベスト 2:27:54

 

スポンサーリンク

MGC出場権の獲得条件

※順位には外国人選手とすでにMGC出場権を獲得している日本人選手を含めない

1~3位 2時間29分以内

4~6位 2時間28分以内

 

今回はMGC出場権を獲得している日本人選手がいないので、単純に日本人順位だけを見ればいいです。

さいたま国際マラソン2018予想

前回は国内招待選手が2人しかいませんでしたが、今回は8人もエントリーしています。

 

MGC出場権については前回は獲得者0でしたが、今回は獲得者が出ると思います。

MGC出場者はまだ8人しかいないので、1人でも多く獲得者が出て欲しいです。

 

今回は前回いなかったペースメーカーが2人います。

これは日本人選手のために用意されたんだと思います。

設定タイムはまだ公表されていませんが、ハーフ1時間14分くらいでしょうか。

 

海外招待選手の中ではデベレ選手が実績では1番です。

優勝候補はデベレ選手、他にバーレーンの2人も怖い存在です。

バーレーンはどんどん層が厚くなっています。

 

日本人選手の中では清田真央選手と伊藤舞選手が実績では圧倒的です。

清田選手はロンドン世界陸上、伊藤選手は北京世界陸上・リオオリンピックで日本代表選手として出場しています。

この2人は確実にMGCの出場権を獲得して欲しいです。

 

しかし、清田選手は名古屋ウィメンズマラソン・北海道マラソンで失敗しているので不安です。

日本人1位は伊藤選手なのかなと予想しています。

 

他に注目したいのは今田麻里絵選手です。

今シーズン、トラックで自己ベストを更新していて好調です。

さいたま国際マラソンはタイムが出にくいので、2時間29分以内は難しいと思いますが、自己ベスト更新が期待できます。

 

スポンサーリンク