2018年11月25日に第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)が行われます。

今回は優勝候補多数で予想が難しいですが、全22チームの順位予想をしています。

 

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2018の日程とコース

日程:2018年11月25日

スタート時間:12時15分

テレビ放送:TBS系列で11時50分~

コース:松島町文化観光交流館前~仙台市陸上競技場

シード権:8位まで

 

区間距離

※外国人選手は4区のみ

1区 7.0km

2区 3.9km

3区 10.9km

4区 3.6km

5区 10.0km

6区 6.795km

合計 42.195km

クイーンズ駅伝2018の出場チーム一覧

シード

パナソニック

ダイハツ

JP日本郵政グループ

第一生命グループ

天満屋

ヤマダ電機

資生堂

豊田自動織機

クイーンズ駅伝2017結果

 

予選会(プリンセス駅伝)通過

ワコール

京セラ

九電工

積水化学

デンソー

ユニバーサルエンターテインメント

ルートインホテルズ

肥後銀行

エディオン

スターツ

ホクレン

鹿児島銀行

大塚製薬

シスメックス

プリンセス駅伝2018結果

 

スポンサーリンク

クイーンズ駅伝2018順位予想

※シード権は8位まで

 

優勝 第一生命グループ

2位 JP日本郵政グループ

3位 ダイハツ

4位 パナソニック

5位 豊田自動織機

6位 ヤマダ電機

7位 ワコール

8位 ユニバーサルエンターテインメント


9位 資生堂

10位 天満屋

11位 京セラ

12位 積水化学

13位 九電工

14位 デンソー

15位 ホクレン

16位 肥後銀行

17位 ルートインホテルズ

18位 大塚製薬

19位 シスメックス

20位 エディオン

21位 スターツ

22位 鹿児島銀行

 

上位チームの戦力の差が無さすぎて、予想順位を決めるのに悩みました。

特に3~6位は互角です。

シードのボーダーライン付近もいい勝負です。

区間エントリー発表後は大きく予想順位が変わるかもしれません。

各チームの戦力分析

第一生命グループ

田中智美選手が走れそうなのと出水田眞紀選手が入部して、戦力アップしています。

 

JP日本郵政グループ

太田琴菜選手が入部して、ケガから復帰しています。

どれだけ調子が戻っているかが気になります。

 

ダイハツ

大森菜月選手が10000mで自己ベスト更新。

細田あい選手が入部しましたが、今シーズンの成績が良くないです。

 

パナソニック

渡邊菜々美選手が3000mで自己ベスト更新、5000mも好記録を出しています。

森田詩織選手は今シーズンの成績が良くないです。

 

豊田自動織機

ヘレン・エカラレ選手が入部して戦力アップ。

萩原歩美選手と前田梨乃選手が好成績を残しています。

上位予想チームと比べると3区が弱いので、評価が低めになっています。

 

ヤマダ電機

清水真帆選手が入部して戦力アップ。

3000mと5000mで自己ベスト更新。

 

ワコール

ルーキーが急成長しているのと、福士加代子選手の調子が良くなっています。

特に長谷川詩乃選手はプリンセス駅伝では遅れてしまいましたが注目している選手です。

 

ユニバーサルエンターテインメント

プリンセス駅伝では6位でしたが、木村友香選手が走ってなかったし、鷲見梓沙選手の調子が良くなかったので、プリンセス駅伝の時よりは強いです。

 

資生堂

主力の竹中理沙選手が退部しましたが、田中華絵選手とルーキー4人の入部で層が厚くなっています。

しかし、今村咲織選手と高見澤安珠選手はレースに出場していないので欠場予想にしています。

 

天満屋

重友梨佐選手が退部しましたが、前田穂南選手が成長しています。

戦力は前回より少し下がったかなと思います。

 

京セラ

山ノ内みなみ選手の入部で戦力アップ。

4番手以降の戦力が弱め。

 

積水化学

尾西美咲選手と桑原彩選手の退部で戦力ダウン。

プリンセス駅伝では中舍朱音選手と森智香子選手が欠場していました。

 

九電工

戦力は前回と同じくらい。

4番手以降の戦力が弱め。

 

デンソー

プリンセス駅伝では良くなかった、ルーキーの矢田みくに選手と森林未来選手が好走しないとクイーンズ8入りは難しいと思います。

 

ホクレン

前回のクイーンズ駅伝、今回のプリンセス駅伝と1区で大きく出遅れています。

プリンセス駅伝では2区から驚異の追い上げで予選通過ラインまで持っていきました。

 

肥後銀行

野田沙織選手の入部で戦力アップ。

 

ルートインホテルズ

プリンセス駅伝ではパウリン・カムル選手が4区区間賞。

藤田正由加選手も予想外の好走をしていたので注目しています。

クイーンズ駅伝でも5区を走るんでしょうか。

 

大塚製薬

横江里沙選手は欠場すると思います。

藪田裕衣選手の入部で戦力は上がっています。

 

シスメックス

4区までは最下位で、5区永岡真衣選手と6区西田留衣選手で順位を上げるという予想です。

 

エディオン

プリンセス駅伝では遅れる選手がいなかったので予選通過できましたが、戦力は下の方です。

 

スターツ

ローズメリー・ワンジル選手は区間賞を狙える力があります。

 

鹿児島銀行

池満綾乃選手はプリンセス駅伝で3区5位の好走でした。

 

区間エントリー発表後に最終順位予想をする予定です。

予想順位が大きく変動するかもしれません。

 

東日本女子駅伝2018結果

 

スポンサーリンク